獲得賞金1億円越え!シェーン・パーキンスがまた完全優勝/平塚F1

2017年11月12日に平塚競輪場で開催されたF1戦で、シェーン・パーキンス選手がまたもや完全優勝を果たした。直近4ヶ月の勝率は93.3%。連対率は100%と、パーキンスの強さは圧倒的。先月行われたヨーロッパ選手権のケイリンでは銅メダルも獲得しており、その強さは加速していくばかりだ。

ヨーロッパ選手権でメダル獲得直後、競輪でもシェーン・パーキンス完全優勝

福井F1

2017年11月1日に福井競輪場で開催された中日スポーツ ブルーサンダー賞、最終日11R。先日開催されたトラック・エリート・ヨーロッパ選手権帰りの5番デニス・ドミトリエフ(ロシア)、2番シェーン・パーキンス(オーストラリア)に注目が集まった。

ブフリ、チームスプリントで銅。ドミトリエフ&パーキンスのロシアは4位/ヨーロッパ・エリート・トラック選手権2017 男子エリート チームスプリント

トラック・ヨーロッパ選手権2017男子チームスプリント表彰式

ヨーロッパ・エリート・トラック選手権の男子エリート チームスプリントで、先日まで日本の競輪へ参戦をしていたマティエス・ブフリ選手のオランダチームが43秒405で銅メダルを獲得した。

「今日はステファニー・モートン選手の方がちょっとだけ強かった」アナスタシア・ボイノワ(Anastasiia Voinova)選手インタビュー

川崎【FⅡ】チャリ・ロト杯・デイリー杯 最終日11R L級決勝

国際試合のシーズンが本格化するため、ロシアへの帰国を目前に控えたアナスタシア・ボイノワ(Anastasiia Voinova)選手。川崎【F2】ガールズケイリン最終日の決勝レース直後、興奮も冷めやらぬ中で、初来日の感想と今後の展望についてを訊ねた。

ステファニー・モートン、100%勝利へまた一歩/川崎ガールズケイリン初日

2017/10/6 川崎【FⅡ】第7R L級ガールズ予選(第1走)

2017年10月6日、川崎競輪場で開催された【F2】チャリ・ロト杯・デイリー杯では、短期登録の外国人4名全員が最終戦として参戦。ガールズケイリン現在獲得賞金1位の高木真備らに加え、日本ナショナルチーム太田りゆが追加され、勝負の行方に注目が集まっている。

これは熱い!ガールズケイリン外国人4名全員と高木真備、太田りゆ選手が出場/川崎

外国人全員をガールズ王者が迎え撃つ アナスタシア・ボイノワ、ロリーヌ・ファンリーセン、ステファニー・モートン、ナターシャ・ハンセン…全員がオリンピック出場の経歴を持ち、8月のガールズケイリン参戦から2ヶ月で優勝しまくりの […]