日本でオリンピックのメダルに最も近い男!?河端朋之ケイリン優勝「今シーズンW杯でメダルに絡む」/モスクワグランプリ2018

優勝:河端朋之、2位:シェーン・パーキンス、3位:パベル

優勝:河端朋之、2位:シェーン・パーキンス、3位:パベル

モスクワグランプリ2018の男子ケイリン、アジア王者そして今年の世界選手権で銀メダルを獲得の河端朋之が、パーキンスや新田祐大、脇本雄太らを下し、表彰台の頂点を獲得した。

ケイリンのアジアンチャンピオンジャージで臨んだ河端朋之。決勝では、シェーン・パーキンスら海外の強豪勢、そして日本の新田祐大、脇本雄太と対戦した。最終周回で先行する脇本を最終コーナーで抜き、ゴール前でロシアンチャンピオンジャージのパーキンス、パベルらロシア勢とのスプリントを制し、表彰台の頂点を獲得した。

河端朋之

河端朋之

レース後のインタビューでは「素直に嬉しい。深く考えすぎず自分の出来るレースを考え、レースが出来たので、そこが収穫。」オリンピックの出場枠争いが本格化する今シーズンについては「ワールドカップからオリンピックポイントが関わってくるので、そこでしっかりメダルに絡み、オリンピックの枠を獲りたい。」と語った。

モスクワグランプリ2018 3日目 男子ケイリン ハイライト動画

モスクワグランプリ2018 男子ケイリン結果

順位 名前 チーム
1 河端朋之 日本ナショナルチーム
2 シェーン・パーキンス Gazprom-RusVelo
3 パベル・ヤクシェフスキ ー Gazprom-RusVelo
4 新田祐大 Dream Seeker
5 脇本雄太 日本ナショナルチーム

TAGS