新田祐大が銀メダルの男子ケイリン、レース詳細レポート/世界選手権トラック2019

Men's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

新田祐大が銀メダルを獲得。そして2019年度の短期登録選手制度で来日が決定しているマティエス・ブフリ(オランダ)が金、シュテファン・ボティシャー(ドイツ)が銅メダルを獲得した、2月28日にポーランドで行われた『世界選手権トラック2019』男子ケイリン。日本代表として河端朋之、脇本雄太も出場したこの種目、各レース内容を詳細レポート。

関連記事:新田祐大が世界選ケイリンで銀メダル「ゴールした瞬間、銀か〜…って(笑)」/UCIトラック世界選手権大会2019

1回戦

最も注目度が高い種目の一つ「男子ケイリン」、この世界選手権においてはワールドカップと異なる勝ち上がり方式となっている。1回戦(2着上がり)→(敗者復活戦)→準々決勝(4着上がり)→準決勝(3着上がり)→決勝とレースが行われた。

日本からはワールドカップ第1戦で優勝した脇本雄太、第5戦で銅メダルを獲得した新田祐大、そして去年日本人選手として25年ぶりに世界選手権でメダル(銀)を獲得した河端朋之が出場。

対する海外勢はワールドカップ第3、4戦で金メダルを獲得したマティエス・ブフリ、第6戦で優勝したテオ・ボス。去年のスプリントの覇者となったマシュー・グレーツァーなどが出場した。出場選手は全28人。

脇本が1着、新田が2着で2回戦へと勝ち上がりを決めるも、河端は1回戦を最下位として敗者復活戦となる。

Men's Keirin 1st Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

脇本雄太

Men's Keirin 1st Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

新田祐大

Men's Keirin 1st Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

河端朋之

敗者復活戦・準々決勝

TAGS