新田祐大が銀メダルの男子ケイリン、レース詳細レポート/世界選手権トラック2019

敗者復活戦

2着までが勝ち上がる敗者復活戦。河端が良い位置取りから最後に抜け出し、1着でフィニッシュ。2回戦へと駒を進める。

Men's Keirin 2nd Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Men's Keirin 2nd Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

準々決勝

第1組

4着までが準決勝へと進むことができる2回戦は3組のレースとなる。第1組に河端、第2組に脇本と新田が出場。

河端が臨む第1組には2017年のこの種目の世界チャンピオンのアワン(マレーシア)、ワールドカップ第5戦の優勝者ドーキンス(ニュージーランド)、今年短期登録選手として日本に来るボティシャー(ドイツ)、フランス期待の若手のビジエ、そして古豪のカネロン(ベネズエラ)。

レースは残り3周時点で河端が先頭。その後ろにビジエ、ドーキンス、アワン、ユルチック、カネロンの順。残り2周を前にアワンが先頭に上がり、後ろに河端、河端の横にビジエとなる。ビジエの後ろにドーキンスが続き、河端が位置を下げていき、5番手へ。

残り1周では外から上がってきたユルチックが先頭で駆け抜けていく展開。そのままユルチックが加速していき一番でフィニッシュラインへ。

5番手の河端は前が開かずに最終コーナーでは内側から攻めて4着でフィニッシュ。

なんとか準決勝の切符を手にしたかと思われたが、最後の走行中に走路の内側のブルーバンドを走ったとして降着。結果6着扱いとなり、準決勝へ進むことはできなかった。

第2組

第2組には新田、脇本、ブフリ(オランダ)、地元のポーランドのマクセル、コンステーブル(オーストラリア)、ユルチック。まずは脇本が先頭、ユルチック、コンスタンテーブル、新田、ブフリ、マクセルの順番で残り3周へ。

ペーサーが退避するとユルチックとコンスタンテーブルがペースを上げて先頭へ。残り2周を切ったところで、今度はブフリが外から上がり、新田がそれに続いて前に出ると、ブフリ、新田、マクセルの順で最終周回へ。

Men's Keirin 1st Round Repechage / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

脇本は最後尾から攻める形に。ブフリ、新田、マクセルがそのままフィニッシュラインへ向かうと問題は勝ち上がりの最後の枠となる4着。最終コーナーで内側が開いたところに脇本が上手く入り込み、勝ち上がりの4着を得ることになった。

Men's Keirin 2nd Round / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

準決勝

TAGS

Related Articles