「日本の競輪に出るのは夢のひとつだった」ジョセフ・トルーマン選手に徹底インタビュー!

自転車の前はサッカー少年だった

イギリスのトラックサイクリングの人気、ランク付けするとどれくらい?

トップ10には入ると思うよ。間違いなくサッカー、クリケット、ラグビーがトップ3で、夏にはテニスだね。トラックについてはBBCが頑張ってくれているお陰で、ロンドンの9,000席もあるベロドロームは観客で埋まるし、マンチェスターは4,000だけど、そこも観客がきてくれる。まだまだ人気上昇中のスポーツだね。

ロードの方が人気があるけど、最近はチームの成功、特にクリス・ホイ、ビクトリア・ペンデルトン、そしてジェイソン・ケニーたちのお陰でロードに追いつけ!って勢いで人気が上昇しているよ。

憧れの選手はいる?

クリス・ホイだね。1kmTTの達人というか。戦術とか関係なしに走り切って勝ってしまう。いつも通りの方法で勝ってしまう姿が若い選手たちの素晴らしい見本にもなってるよね。

【クリス・ホイ 2002年コモンウェルスゲームズ 1kmTT】

話してみた感じも素晴らしい人だよ。ロンドン五輪の時に僕はクリス・ホイのサクセスストーリーをテレビで観たんだけど、その時にはまだトラック競技にそこまで入り込んでなかったんだ。その時はトラックは少し、ロードを多めって感じだったね。北京五輪(2008年開催)の時は映像すら観てなかったから、僕の自転車人生がどれだけ短いかが判るよね(笑)

自転車の前はサッカー少年だった

じゃあ本格的に自転車に乗り始めてまだ4~5年ってことかな?

自転車の前はサッカーだよ。4歳のころから14歳までずっとサッカーだったんだよ。小さいころはとっても上手かったんだけど、年を重ねるにつれてスピードがね(笑)最初は左のウイングだったのに、少しずつ下がっていって、最後は左のバックだったからね。

それでフィットネスというか、体作りのために、夏に自転車で近くにあったアウトドアベロドロームに行ったんだよ。そしたらローカルのチームが練習してて、参加したところ凄く楽しかったんだ。今でもポーツマスの海辺のローカルチームに所属してるんだ。あのチームで走っていたころは僕だけがスプリンターだったんだよ。

ジョセフ・トルーマン

家族で本格的に自転車に乗っている人は?

誰もいないんだよね。父、母、妹が2人なんだけど、スポーツをやる家系じゃないってところかな。父はサッカーをやってたけど、別にプロじゃないし。実家には2~3か月に1回帰るって感じかな。今は忙しいからクリスマス、イースター、あと夏にちょっと帰る位だね。家に帰る時は車でマンチェスターから5時間だよ。

競輪に勝ったら新車が欲しい!

TAGS