競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

深谷知広、ケイリン東京オリンピック代表撃破の大会2冠/2020 全日本自転車競技選手権大会 トラック

2020/11/07

深谷知広, 決勝, 男子ケイリン, 2020全日本トラック

2020年11月5日から8日にかけて、群馬県前橋市・ヤマダグリーンドーム前橋で開催の『2020(第89回) 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(エリート・パラサイクリング)』。7日の大会3日目、男子ケイリンが行われ深谷知広Dream Seeker Racing Team)が東京オリンピック代表内定の脇本雄太(チームブリヂストンサイクリング)と新田祐大(Dream Seeker Racing Team)を下して自身通算2度目となる日本のトップに立った。脇本は僅差の2位、新田は表彰台に届かず4位。

出走エントリーは34人。2020世界選手権銀メダリストの脇本雄太を筆頭に、2019世界選手権の銀メダリスト新田祐大、2018世界選手権の銀メダリスト河端朋之、前日にスプリントで優勝した深谷知広、その他ナショナルチームからは中野慎詞松井宏佑新山響平寺崎浩平山崎賢人小原佑太高橋晋也菊池岳仁荒川仁が総出で参戦した今回の男子ケイリン。※長迫吉拓も出場予定だったもののスイスにトレーニングに行くためDNSとなった※

ケイリンのルール&勝ち上がり

最大7人が同時にスタートし、今大会はトラック5周の先着を競うケイリン。2周半まではペーサーと呼ばれる風除けが選手たちのスピードを上げ、ペーサーが退避してからスプリント勝負が始まる。勝ち抜けは大会や出場人数によって異なり、1着のみが勝ち上がる場合もあれば2着、3着までの時もある。今回は1回戦は1着のみが準決勝へ。その他は敗者復活戦回りとなる。

1回戦→(敗者復活戦:1着上がり)→準決勝(3着上がり)→決勝/7-12位決定戦

オリンピック代表内定組の実力

1/4 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。