ドミトリエフ、パーキンスのロシア優勝。日本は1回戦敗退も手応え/2017-18トラックワールドカップ・男子チームスプリント

チームスプリント予選

ドミトリエフ、パーキンス、ヤクシェフスキのロシアチームは予選でトップタイム(43秒227)を出し、1回戦でドリームシーカーを破り(43秒170)、決勝へ進出すると更にタイムを上げて(42秒955)フランスを下して優勝。

日本チーム(JPC/ドリームシーカー)予選突破ならず/トラックワールドカップ第2戦 男子チームスプリント

雨谷一樹

トラックワールドカップ第2戦はイギリス・マンチェスターで昨日からスタート。12日(日)までの3日間、戦いが繰り広げられる。初日に男子チームスプリントが行われた。まずは予選の結果を速報でお伝えする。 男子チームスプリントに […]