最も苦手とする山岳レースへ挑む/Fleche du Sud 第3ステージ

近谷涼

引用:JCF

2018年5月10日(木)〜5月15日(火)にかけてルクセンブルグで開催されたステージレース「Fleche Du Sud(UCI2.2)」に、トラック競技中距離メンバーを中心に参戦している。

落車に巻き込まれるも、皆コンディションは良好/Fleche Du Sud 第1ステージ・トラック競技中距離メンバー参戦

ロードレースの戦術、経験を積みながら学ぶ/Fleche du Sud 第2ステージ

第3ステージは大きな周回を100km回った後に、12.5kmの周回を3周する全137km、獲得標高2520mを登る。大きな周回には4箇所の山岳ポイントがあ理、さらに山岳ポイントに設定されていない大きな丘もいくつか含まれる。

最も苦手とする山岳レースへ挑む

スタート後10km地点にある約1.5kmの登りにおいて単独で沢田が遅れをとる。その後32km地点の1回目の山岳ポイントで一丸が遅れ、共にフィニッシュラインへ向かうが2名ともタイムアウトとなってしまった。

近谷と今村は約15名の第3集団に踏み止まり、橋本と花田は第4集団で完走した。

リザルトだけを見れば厳しい結果にも見えるが、ロードレース経験の少ないトラック選手が最も苦手とする欧州の山岳レースを走り、技術を向上させているのは今後の明るい材料となる。

明日の第4ステージも2km以上の登りがあるステージだ。気を引き締めて挑んでいきたい。

第3ステージ 結果

Fleche du Sud ルクセンブルグ
Wincrange-Wincrange 137.5km

1位 KRON Andreas Lorentz
2位 MARCHAND Gianni
3位 COBBAERT Robby
82位 近谷涼
84位 今村駿介
112位 橋本英也
128位 花田聖誠
DNF 一丸尚伍
DNF 沢田桂太郎

原文:JCF

今村駿介の関連記事はこちら

近谷涼の関連記事はこちら

橋本英也の関連記事はこちら

一丸尚伍の関連記事はこちら

沢田桂太郎の関連記事はこちら

TAGS