河端朋之4位、予選200mタイムトライアルは脇本雄太と共に9秒台/2017-18トラックワールドカップ4戦・男子スプリント

河端朋之

トラックワールドカップ4戦の男子スプリントで世界王者デニス・ドミトリエフを破り、リトアニアのレンデルが金。河端朋之は惜しくも銅メダルを逃し4位。脇本雄太は強豪バレッテに破れ1/8決勝で敗退。

予選で河端9.725秒で4位、脇本も9秒台

男子スプリントには前日に見事にケイリンで優勝を果たした脇本雄太選手、そして河端朋之選手が出場。スプリントには20人の選手が出場。現世界チャンピオンのデニス・ドミトリエフなど、猛者揃いのレースである。

予選の200mタイムトライアルで脇本が9秒824を記録。続く河端は9秒725の好タイムで、予選4位で通過。脇本のタイムは予選12位。12位以上は1/16決勝を走ることが免除されるため、両名とも一気に1/8決勝へ駒を進めた。

河端朋之

河端朋之

脇本雄太

脇本雄太

ドミトリエフ(ロシア)

ドミトリエフ(ロシア)

パベル(ロシア)

パベル(ロシア)

バレッテ(カナダ)

バレッテ(カナダ)

ビノクロフ(ウクライナ)

ビノクロフ(ウクライナ)

チェーチ(イタリア)

チェーチ(イタリア)

オリバ(ウェールズ)

オリバ(ウェールズ)

なお予選結果はドミトリエフを筆頭に、以下の通り。

順位チーム選手名TIME
1ロシアDMITRIEV Denis9.567
2リトアニアLENDEL Vasilijus9.606
3ロシアYAKUSHEVSKIY Pavel9.723
4JPC河端朋之9.725
5カナダBARRETTE Hugo9.737
6チェコSOJKA David9.749
7フランスPERVIS Francois9.782
8チェコCECHMAN Martin9.794
9スリナムTJON EN FA Jair9.800
10ウェールズOLIVA Lewis9.806

男子スプリント予選リザルト

予選、日本人2人は12位以内で一気に1/8決勝へ

TAGS