世界選手権で更新された世界記録&日本記録一覧

Final / Men's Team Pursuit / 2020 Track Cycling World Championships, Lasse Norman Hansen ラッセ・ノーマン・ハンセン

2020世界選手権トラック」がドイツ・ベルリンにて2020年2月26日〜3月1日にかけて開催された。オリンピック前最後のシーズン、その締めくくりということで各国力を入れて取り組んだこの大会。その表れとして、世界記録や日本記録も複数更新された。この記事ではフレッシュな新記録をまとめて振り返る。

200mFTT(フライングタイムトライアル)

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships, Nitta Yudai 新田祐大

助走(フライング)をつけた200メートル走。スプリントの予選で行われる。

世界記録 新記録
男子 ニコラス・ポール(トリニダード・ドバゴ) 9″100
(2019年9月)
なし
女子 ケルシー・ミシェル(カナダ) 10″154
(2019年9月)
なし
日本記録 新記録
男子 深谷知広 9″609
(2019年12月)
新田祐大 9″562
(2020年2月29日)
女子 小林優香 10″814
(2018年5月)
小林優香  10″712
(2020年2月27日)

世界記録は標高2000mを超える高地での記録から、更新はなし。日本記録は男子が昨年6月のモスクワグランプリで河端朋之が9秒627で更新、さらにトラックワールドカップ第4戦で深谷知広が0.02秒更新、そしてバトンを繋げるように新田祐大が更新した。女子は小林優香が自身の持つ記録を更新。

関連:新田祐大が日本記録を更新、200mFTT/男子スプリント予選 2020世界選手権トラック・ドイツ
【速報】深谷知広が日本記録を更新、200mFTT/男子スプリント・2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランド
【速報】河端朋之が日本記録を更新/男子スプリント・モスクワGP2019

チームスプリント

1st Round / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships, ロイ・バンデンバーグ Roy van den Berg, ハリー・ラブレイセン Harrie Lavreysen, ジェフリー・ホーフラント Jeffrey Hoogland

スタンディングスタートで男子はトラック3周(750m)、女子は2周(500m)を走る。1列棒状となって進み、1周ごとに先頭が隊列から離れていく。最終的に残った選手のフィニッシュタイムがチームのタイムとなる。

世界記録 新記録
男子 ドイツ(ヨアヒム・アイラース、レネ・エンダース、ロベルト・フォルステマン) 41″871
(2013年12月)
オランダ(ジェフリー・ホーフラント、ハリー・ラブレイセン、ロイ・バンデンバーグ) 41″225
(2020年2月26日)
女子 中国(ゴン・ジンジー、ゾン・ティエンシー) 32″034
(2015年2月)
なし
日本記録 新記録
男子 雨谷一樹、新田祐大、深谷知広 42″790
(2019年12月)
なし
女子 前田佳代乃、太田りゆ 33″785
(2018年2月)
なし

トラックワールドカップ第4戦にて、日本チームは1日に2度の日本記録更新と16年ぶりの金メダルの快挙を成し遂げたが、今回の世界選手権では更新なし。

世界記録・男子はオランダが1回戦で41″275、決勝で41″225を記録。圧倒的な強さで世界を叩きのめした。

関連:【詳報】日本16年ぶり金、1日に2度の日本記録更新/男子チームスプリント(雨谷一樹/新田祐大/深谷知広)2019-2020トラックワールドカップ第4戦ニュージーランド
1日に2度の世界記録更新、最強オランダ圧勝/男子チームスプリント 2020世界選手権トラック・ドイツ

タイムトライアル

男子は1km、女子は500mの記録を下記にまとめた。

世界記録 日本記録
男子 フランソワ・ペルビス(フランス) 56″303
(2013年12月)
中川誠一郎 1’00″017
(2013年12月)
女子 ジェシカ・サラザール(メキシコ) 32”268
(2016年10月)
前田佳代乃 34″882
(2013年12月)

KEIRINグランプリ2019にも出場した中川誠一郎は、1kmTT日本記録の保持者。タイムトライアルはオリンピック種目ではないこともあってか、記録の更新はなかった。

個人&チームパシュート

TAGS