新田祐大が日本記録を更新、200mFTT/男子スプリント予選 2020世界選手権トラック・ドイツ

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships, Nitta Yudai 新田祐大

2月29日、ドイツ・ベルリンで『世界選手権トラック2020』男子スプリントの予選が行われ、日本から出場した新田祐大が200mフライングタイムトライアル(助走を付けた200mメートル走)で9秒562を記録。これまでの日本記録を約0.5秒更新した。

大会前の日本記録は2019年12月に行われたワールドカップ第4戦ニュージーランドで、深谷知広が記録した9秒609

この種目に出走した35人中14番目に走った新田の予選タイムは9秒562。大会前の日本記録をおよそ半秒上回る走りで予選を8位で突破した。

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

新田祐大

そして32番目に出走したのは深谷知広。深谷は予選のタイムは9秒607、予選を13位で通過した。

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

深谷知広

予選トップ5+日本人予選結果

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

Harrie Lavreysen 9.253

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

Jeffery Hoogland 9.322

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

Mateusz RUDYK 9.434

Qualifying / Men's Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

Denis Dmitriev 9.522

1位9秒253ハリー・ラブレイセン(オランダ)
2位9秒322ジェフリー・ホーフラント(オランダ)
3位9秒434マテウス・ルディク(ポーランド)
4位9秒522デニス・ドミトリエフ(ロシア)
5位9秒548アジズルハスニ・アワン(マレーシア)
8位9秒562新田祐大(日本)
13位9秒607 深谷知広(日本)

男子スプリント予選リザルト(PDF)

日本から出場した2人はこのあと対戦方式のスプリント勝負を繰り広げる。現地29日に行われるのは準々決勝まで。準決勝、決勝は大会最終日となる3月1日に実施される。

TAGS