1日に2度の世界記録更新、最強オランダ圧勝/男子チームスプリント 2020世界選手権トラック・ドイツ

Final / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships /オランダ Netherlands/ ロイ・バンデンバーグ Roy van den Berg, ハリー・ラブレイセン Harrie Lavreysen, ジェフリー・ホーフラント Jeffrey Hoogland, マティエス・ブフリ Matthijs Buchli

2月26日、ドイツ・ベルリンで開催の『世界選手権トラック2020』初日、男子チームスプリントでは日本がまさかの予選敗退。一方で優勝したのはオランダ。1日に2度の世界記録更新を果たし、今シーズンこの種目で無敗を誇るオレンジ軍団の強さを改めて示した。

関連記事:日本オリンピック出場圏外へ、まさかの予選敗退/男子チームスプリント・2020世界選手権トラック・ドイツ

チームスプリントの勝ち上がり/ルール

予選→1回戦→決勝/3位決定戦という形でレースが進む。チームは3人1組(女子は2人1組)。1列棒状となって進み、1周ごとに先頭が隊列から離れていく。最終的に残った選手のフィニッシュタイムがチームのタイムとなる。

予選

今大会に出場したのは14チーム。その中の上位8チームが1回戦へと進む。日本(雨谷一樹新田祐大深谷知広)の3人が全体の7番目にスタートし、43秒416というタイム。オランダは13番目のスタートとなった。

Qualifying / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

オランダチームは4人のメンバー登録でレースに臨む(ロイ・バンデンバーグハリー・ラブレイセンジェフリー・ホーフラントマティエス・ブフリ)。予選に挑むのはジェフリー・ホーフラント以外の3人。

スタート直後から異次元の速さを見せるオランダチームは、予選で唯一の41秒台となる41秒987を記録して予選通過。世界記録(41秒871:ドイツが2013年に高地で樹立)を7年ぶりに塗り替えるであろう期待が会場内で高まっていく。

イギリスチームはオランダに大きく離され予選2位の42秒471、3位は42秒805でフランスとなった。日本は9位で予選敗退。

Qualifying / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

イギリス

Qualifying / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships

フランス

男子チームスプリント予選リザルト(PDF)

まずは1回目の記録樹立

TAGS