圧倒的レース支配力でレイ・ハワード2冠、ダニエル・ホロウェイも存在感を示す/トラックパーティ2018 Spring

Leigh Waward & Kelland Obrien (AUS)

Leigh Waward & Kelland Obrien (AUS)

トラックパーティー2018 Springの目玉、トラックレースのレポート、中長距離編。中長距離はテンポレース、マディソン、エリミネーションの3種目が行われた。

ダニエル・ホロウェイがテンポレースで圧勝

テンポレースで優勝したのは昨シーズンのワールドカップ第4戦のオムニアムで橋本英也と熱戦を制した、アメリカのダニエル・ホロウェイ。ほぼ会場の目を独り占めする様な、圧倒的なレース展開で優勝を飾った。一方、今回最も注目されていた、チームパシュートの現世界記録保持メンバー、オーストラリアのレイ・ハワードはテンポレースにおいては身を潜める。

窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)

窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)

原田裕生(チーム ブリヂストン サイクリング)

Danielle Holloway (USA)

Danielle Holloway (USA)

小林泰正(JPCA)

小林泰正(JPCA)

Danielle Holloway (USA)

Danielle Holloway (USA)

窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)

窪木一茂(チーム ブリヂストン サイクリング)

Leigh Waward (AUS)

Leigh Howard (AUS)

徳田鍛造(チーム右京)

徳田鍛造(チーム右京)

Danielle Holloway (USA)

Danielle Holloway (USA)

Danielle Holloway (USA)

テンポレース 競技結果

順位ゼッケンNO.選手名チームTotal point
111ダニエル・ホロウェイアメリカ15
28キーランド・オブライエンオーストラリア5
31窪木一茂チームブリヂストンサイクリング2
412ゲイビン・フーバーアメリカ2
55中井唯晶京都産業大学1
66伊藤皓平京都産業大学
718貝原涼太日本大学
817草場啓吾日本大学
913渡邊翔太郎愛三工業RT
1015松本憲斗鹿屋体育大学
112原田裕成チームブリヂストンサイクリング
1210徳田鍛造チーム右京-20
139平塚吉光チーム右京-20
DNF3小林泰正JPCA
DNF4佐々木龍JPCA
DNF7レイ・ハワードオーストラリア
DNF14岡本隼愛三工業RT
DNF16長松大祐鹿屋体育大学

レイ・ハワード本領発揮、エリミネーション制す

TAGS