圧倒的レース支配力でレイ・ハワード2冠、ダニエル・ホロウェイも存在感を示す/トラックパーティ2018 Spring

レイ・ハワード本領発揮、窪木一茂を下しエリミネーション制す

そのハワードは、続くエリミネーションで本領発揮。次々と選手が除外されていき、終盤ではチーム ブリヂストン サイクリングの窪木一茂と一騎打ちに。これを制して優勝を飾った。

エリミネーション

エリミネーション

エリミネーション

エリミネーション

Leigh Howard (AUS)

エリミネーション

Leigh Howard (AUS)

エリミネーション 競技結果

順位ゼッケンNO.選手名チーム
17レイ・ハワードオーストラリア
21窪木一茂チームブリジストンサイクリング
312ケイビン・フーバーアメリカ
411ダニエル・ホロウェイアメリカ
514岡本隼愛三工業RT
64佐々木龍JPCA
73小林泰正JPCA
817草場啓吾日本大学
98キーランド・オブラインオーストラリア
109平塚吉光チーム右京
1115松本憲斗鹿屋体育大学
1218貝原涼太日本大学
132原田裕成チームブリヂストンサイクリング
146伊藤皓平京都産業大学
155中井唯晶京都産業大学
1610徳田鍛造チーム右京
1716長松大祐鹿屋体育大学
1813渡邊翔太郎愛三工業RT

海外勢が支配したレース、マディソン

TAGS