「ワールドツアー選手としてのプライドを持って走った」/TEAM ユキヤ通信 2019 №19 全日本自転車競技選手権大会

新城幸也

昨日(6月30日)、静岡県の富士スピードウェイにて開催された、全日本選手権。最終日ロードレースに出場した新城幸也バーレーン・メリダ)からレース結果・コメントが届いた。

27日の個人タイムトライアルが7位に終わった新城は、コンディションを取り戻すため、一時、都内の自宅に戻り治療を行い、30日の全日本選手権に臨んだ。

今シーズン初のタイムトライアルは7位でフィニッシュ/TEAM ユキヤ通信 2019 №18 全日本自転車競技選手権大会

すべての展開に自ら対応しなければならない

富士スピードウェイに設定された1周10.8kmのコースを21周する227km。
朝から雨が降り続き、時おり強い風が吹き付け、雨足が弱まると霧が立ち込めるという悪天候の中、152名の選手が出走。

1チーム8名で出場しているような国内チームに対し、単騎での出場となる新城、同じくトレックセガフレード別府選手らは「すべての展開に自ら対応しなければならない」という、全日本選手権ならではの状況。そんな中で「ワールドツアーライダーの意地」を見せたこの2名の選手が積極的にレースを動かし、完走者25名というサバイバルな展開に持ち込む。

集団が30名程度に絞り込まれた残り30km。新城を含む3名の先頭グループが形成される。新城以外の選手はペースを上げることが出来なかったため、新城は後続との差を広げるために自ら積極的に前を牽きつづけ、その差は1分まで開き、後続集団はけん制が始まる。

新城を含む先頭3名から1名の選手が脱落し、新城と、シマノレーシング入部選手との一騎打ちとなり、それまで「疲れて先頭を牽けない」とアピールし、新城の後ろでうまく体力を温存していた入部選手がスプリント勝負を制し、新城は2位に終わった。

入部正太朗が初の戴冠!新城幸也は僅差で2位/男子エリートロード・2019全日本選手権ロードレース

「ワールドツアー選手としてのプライドを持って走った」

新城幸也

まずは全日本選手権に出場できたことに感謝しかありません。

結果については本当に悔しいという気持ちです。全日本王者らしい勝ち方を目指しましたが、最後は入部選手を千切れなかったことが甘さです。入部選手は三味線を弾いた(体力が残っていないフリをして、前を牽かない)と言っていましたが、そんなことはすぐに分かりました。アタックについてくるわけですから…。

国内のチームは人数を揃えて臨みましたが、僕や別府さんは単騎での戦いを強いられます。

前半から厳しい展開にしてくれたのは別府さんが積極的に動いてくれたからで、僕も別府さんもワールドツアー選手としてのプライドを持って走り、別府さんの動きがこのレースを作りました。

2019全日本選手権ロードレース

フィニッシュした別府は観客に一礼した

3月の落車での怪我から今回が本当の意味での復帰戦です。事故の当初のコンディションはゼロではなく、もはやマイナスでした。しかし、沈んだ分はさらに上げることができます。これからコンディションを上げていき、この悔しさは今後のシーズンに活かします。

皆さんのサポート、応援ありがとうございました。

次回レース予定

新城は7月24日~イタリアでのレース『アデリアティコ』へ出場予定。

Text:Miwa IIJIMA
TEAM ユキヤ通信 2019 №19』
01 July 2019 at Fuji Speed Way JAPAN
―Japan National Championship RRー

「最高の気分」「悔しい」「悔いはない」三者三様のドラマ/男子エリートロード・2019全日本選手権ロードレース

【続報】新城幸也、左肘頭骨骨折・左大転子部裂離骨折と診断 左肘の手術は無事成功/TEAM ユキヤ通信

TAGS

Related Articles