黄色い真夏の風物詩「ツール・ド・フランス2019」第1~10ステージまとめ

COLMAR, FRANCE - JULY 10: Start / Julian Alaphilippe of France and Team Deceuninck - Quick-Step Yellow Leader Jersey / Saint-Dié-des-Vosges City / during the 106th Tour de France 2019, Stage 5 a 175,5km stage from Saint-Dié-des-Vosges to Colmar / TDF / #TDF2019 / @LeTour / on July 10, 2019 in Colmar, France. (Photo by Justin Setterfield/Getty Images)

Photo by Justin Setterfield/Getty Images

7/6(土)、ベルギーはブリュッセルにて開幕した第106回「ツール・ド・フランス(以下:ツールと記載)」。

全21ステージある中で、気が付けば既におよそ半分のレースが行われてしまった。だが今からでもツールを追うには問題ない!
この記事では今までツールを追っていなかった人でも現状が分かるよう、第1ステージから〜第10ステージまでのハイライトをサクッとお届けするぞ!

チーム・ユンボビスマの快進撃

BRUSSELS, BELGIUM - JULY 07: Podium / Mike Teunissen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Steven Kruijswijk of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / George Bennett of New Zealand and Team Jumbo-Visma / Laurens De Plus of Belgium and Team Jumbo-Visma / Dylan Groenewegen of The Netherlands and Team Jumbo-Visma / Amund Grondahl Jansen of Norway and Team Jumbo-Visma / Tony Martin of Germany and Team Jumbo-Visma / Wout Van Aert of Belgium and Team Jumbo-Visma / Eddy Merckx of Belgium Ex pro-cyclist / Philippe Close of Belgium Brussels Mayor / Raymond Poulidor of France Ex Pro-cyclist / Celebration / The Atomium Brussels / Press / Media / during the 106th Tour de France 2019, Stage 2 a 27,6 Team Time Trial stage from Bruxelles Palais Royal to Brussel Atomium / TTT / TDF / #TDF2019 / @LeTour / on July 07, 2019 in Brussels, Belgium. (Photo by Tim de Waele/Getty Images)

Photo by Tim de Waele/Getty Images

開幕の第1ステージから落車が頻発。ゴールスプリントに向けてレースが動き始めたタイミングで、個人総合狙いのヤコブ・フルサング(アスタナ・プロチーム)が落車に巻き込まれる。更にはフィニッシュまで1.5km地点でもハイスピードの集団内で落車が起きるなどの波乱の展開に。

伏兵マイク・テウニッセン(チーム・ユンボビスマ)が集団スプリントを制し、個人総合首位の証である黄色のジャージ、マイヨ・ジョーヌを獲得。続く第2ステージのチームタイムトライアルでも、チーム・ユンボビスマがチーム・イネオスを下し、2日連続でステージ優勝をもたらした。
※ツールでは1日毎にその日のレースの優勝者を決める※

白熱のステージ優勝争い

第3ステージではベルギーからフランス本土へと選手たちが移動していった。シャンパーニュ地方の丘陵地帯を通過し、フィニッシュまで残り16km地点で集団から飛び出したジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がレースの終盤に独走して優勝。個人総合首位の証でもあるマイヨ・ジョーヌを獲得し、自国フランスファンの声援に応えた。

第4ステージはスプリンター向きの平坦ステージ。フィニッシュから15km地点の山岳を超えると集団スプリントに向けて本格的にレースが動いた。大混戦のスプリントとなったステージを制したのはエリア・ビビアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)。ツールで初めてのステージ優勝を飾り、クイックステップにとって2日連続のステージ優勝となった。

続く第5ステージは2・3級山岳が連なるミニ山岳ステージ。レース序盤にワールドツアーチームに所属する4人による、強力な山岳賞争いの逃げ集団が形成されレースは進んでいく。一方、4人の戦いの後ろで一定の人数を残したまま進む大集団。選手たちはフィニッシュに向けた平坦路を進んでいく。

※山岳賞…レースでは難易度順に山岳のカテゴリーが分かれており、その山岳の通過地点には「山岳ポイント」が設定されている。この山岳ポイントは、通過した順に上位数人だけがポイントを得ることが出来、通算ポイントトップの選手が山岳賞の証「マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ」を着ることになる。

最後には前のステージ同様、フィニッシュ手前の登りを耐えたスプリンター達による混戦となりペテル・サガンがステージを制した。

大会最初の山岳ステージ、入れ替わるマイヨ・ジョーヌ

TAGS

Related Articles