個人総合リーダージャージを堅守/BIWASE CUP2019 stage3

BIWASE CUP Stage3

3月8日から16日まで9ステージで行なわれるBIWASE CUP2019。

トラブル無くスタート!総合争いへ向けて上々の滑り出し/BIWASE CUP2019 Stage1

樫木祥子が独走優勝!総合リーダージャージも獲得!/BIWASE CUP2019 Stage2

Stage3は110km。最初に60kmのアップダウンコースを走り、中盤に3km強の登り、レース終盤に勝負どころとなる7kmの登りをこなし、そこから2kmほど下ってベトナムの避暑地Da Latでゴールを迎える。

アシスト陣の働き

前半は大きな動きはなく、個人総合で15分遅れた選手の単独逃げが決まり緩やかに進む。個人総合リーダーを擁する日本チームは力を温存しながらレースを進める。その後ステージを狙いたいチームが逃げを作り、2名の先頭集団と2名の追走集団が出来る。

先頭とは最大5分弱まで差が広がったため、ステージを狙いたいチームと協力しつつ、日本チームは上野みなみと石上夢乃が集団コントロールを開始。するとあっという間にタイム差が縮まる。そのまま上野と石上の先頭牽きで登り口まで進み、2名となった先頭グループに40秒差で登りでの勝負が始まった。

BIWASE CUP Stage3

7km登坂での攻防

昨日と同じく昨年の優勝者Nguyen Thi Thiが登りはじめから中腹までペースアップし先頭の2名をとらえ、途中からBIWASEチームの牧瀬翼、タイのSomratのアタックにより個人総合上位選手の6名での戦いとなる。山岳賞のかかった山頂を樫木が昨日と同じくトップ通過し山岳ポイントのリードを広げる。

そのまま下りゴールでのスプリントとなり、韓国のSon Eunjuがステージを制した。タイム差なしで金子が4位、樫木が6位でゴール。この日は最後の登り口まで唐見、石上、上野がしっかり機能して他チームに危険場面を作らせない形でレースを進め、登りでは樫木、金子が安定した走りを見せて個人総合1,2位をチームで守った。

BIWASE CUP Stage3

Stage3 レース結果

1 Son Eunju (韓国) 3時間25分10秒
2 Phetdarin Somrat (タイ) 同タイム
3 牧瀬翼 (BIWASE) 同タイム
4 金子広美 (日本ナショナルチーム) 同タイム
6 樫木祥子 (日本ナショナルチーム)同タイム
24 唐見実世子 (日本ナショナルチーム) 2分56秒差
50 上野みなみ (日本ナショナルチーム) 6分19秒差
52 石上夢乃 (日本ナショナルチーム) 6分52秒差

Stage3終了時 個人総合成績

1 樫木祥子(日本ナショナルチーム)8時間19分58秒
2 金子広美(日本ナショナルチーム)26秒差
3 牧瀬翼 (BIWASE) 35秒差
21 唐見実世子(日本ナショナルチーム)9分6秒差
40 上野みなみ(日本ナショナルチーム)13分38秒差
41 石上夢乃(日本ナショナルチーム)14分11秒差

(文:JCF強化コーチ 柿木孝之)

TEXT:JCF

TAGS