トラブル無くスタート!総合争いへ向けて上々の滑り出し/BIWASE CUP2019 Stage1

3月8日から16日まで9ステージで行なわれるBIWASE CUP2019がスタートした。このレースはUCIレースではないが、ナショナルチームを含めて海外チームが7チーム、ベトナムのクラブチームが9チームの計16チームが参加し、3つの登りステージと6つの平坦ステージで争われる。日本からは樫木祥子、金子広美、唐見実世子、上野みなみ、石上夢乃の5選手が出走した。

リスクを回避し、平坦ステージを乗り切る

第1ステージはホーチミン郊外の22kmの平坦周回コースを3周する66kmのコースで争われた。例年集団スプリントで決着がつくこのステージでは、日本チームは大人数の逃げのみ逃さないように注意して暑さに慣れるのを最優先に。上野が2回パンクするが短時間で集団復帰する。

今大会、日本チームはスプリンターがいないため、ゴール前もチームで列車を組むことなく危険を冒さずに全員が集団でゴール。暑さの中での集団スプリントに抜群の強さを発揮するタイナショナルチームのJutatip Maneephanがゴールと途中2回のスプリントポイントを制して優勝した。

BIWASE Stage1
Stage2はレース後半の9kmの登りと頂上からの15km弱のアップダウンで勝負の決まるコースで行われ、個人総合を狙える選手がこの日で大きく絞られる。日本チームはこのステージで上位に入り個人総合3位以内を狙う。

Stage1 レース結果

1 Jutatip Maneephan (タイ) 1時間50分40秒
2 JU Pha Som Net (マレーシア) 同タイム
3 Chaniporn Batriya (タイ) 同タイム
12 石上夢乃 (日本ナショナルチーム) 同タイム
29 上野みなみ (日本ナショナルチーム) 同タイム
37 唐見実世子 (日本ナショナルチーム) 同タイム
39 金子広美 (日本ナショナルチーム) 同タイム
56 樫木祥子 (日本ナショナルチーム) 同タイム

(文:JCF強化コーチ 柿木孝之)

TEXT:JCF

TAGS