日本ナショナルチームがタイトル獲得、新城幸也が個人総合優勝/2018ツールド台湾レポート 最終ステージ

新城幸也

2018ツール・ド・台湾 個人総合優勝した新城幸也

冷静なレース運びでタイトルを獲得

新城幸也

新城幸也

最終ステージは平坦基調ながら風の強い約190㎞のロングステージ。新城の総合を守るためチームは一丸となり、終始集団をコントロールし冷静なレース運びでゴールを迎えた。レースは大集団ゴールで終了、無事新城のリーダージャージを守り、日本代表ナショナルチームは2018年ツール・ド・台湾のタイトルを獲得した。

今回のレースは、経験のある新城と若手メンバーによるベストなチームワークで成功を収めた。そのことで、ナショナルチームの意義と活動する価値を大きく高められ、さらに2018年世界選手権ロードエリートクラスの3人枠獲得の為にも非常に意味のある結果となった。

新城幸也

2018ツール・ド・台湾 個人総合優勝した新城幸也

ツール・ド・台湾 第5ステージ結果

屏東(Pingtung)県ステージ 192.8㎞
1位 PACIONI Luca(イタリア/Wilier Triestina- Selle Italia) 4h18m52s
2位 HAEDO Lucas Sebastian(アルゼンチン/Unitedhealthcare)+0s
3位 KREDER Raymond(オランダ/Team Ukyo))+0s
…18位 新城幸也
…43位 鈴木龍
…45位 小野寺玲
…59位 雨澤毅明+0s
…96位 岡本隼+16s
100人完走/100人出走

最終個人総合成績

1位 新城幸也 (JAPAN NATIONAL TEAM)16h50m18s
2位 CLARKE Jonathan(オーストラリア/Unitedhealthcare)+2s
3位 JANSSENS Jimmy (ベルギー/CIBEL CEBON) +13s
…8位 中根英登(Nippo Vini Fantini EuroOvini)+41s
…19位 雨澤毅明+2m0s

Text:浅田 顕

原文:http://jcf.or.jp/?p=58327

 

岡本隼がスプリントを制し、2018ツール・ド・台湾の第1ステージ優勝

トラブルとミスで勝機逃すも、岡本隼が個人総合ポイント賞/2018ツール・ド・台湾レポート 第2ステージ

新城ゴールスプリントで惜しくも2位/2018ツール・ド・台湾レポート 第3ステージ

新城幸也が3位ゴールし、個人総合トップ/2018ツールド台湾レポート 第4ステージ

TAGS