計25個、日本のメダル獲得種目まとめ/アジア選手権トラック2018・アジアパラ選手権トラック2018

女子チームパシュート予選

2018年2月16〜20日の5日間に渡り、マレーシア・クアラルンプールの近郊ニライにて開催されたアジア選手権トラック2018・アジアパラ選手権トラック2018。

メダルを獲得数は男女、エリート、パラを併せ計25個。金:14個、銀:7個、銅:4個と、金メダルを最も多く獲得している。中距離の梶原悠未選手が金3個、近谷涼選手とパラサイクリングの野口佳子選手が金2個を獲得。さらに、この大会では多くのアジア新記録、日本新記録が生まれた。

アジア選手権のまとめ記事は後日お届けするとして、まずは獲得メダルの一覧を振り返ろう。

男子アジア選手権トラック2018獲得メダル一覧

メダル 選手名 競技・種目
gold-new 渡邉 一成(JPCA・JPCU福島)
渡邉一成が金・男子スプリントでアジア王者に
エリート男子スプリント
gold-new 近谷 涼(富山・ブリヂストンサイクリングチーム)
4km個人パシュート金メダルの近谷涼「最後は気持ちで押し切った」
エリート男子4km個人パーシュート
gold-new 兒島 直樹(福岡・祐誠高校) ジュニア男子ポイントレース(15km)
gold-new 深谷 知広(JPCA・JPCU愛知)
ケイリン世界王者アワンとスプリントで対戦した深谷知広「チャンスはあった」
エリート男子1kmタイムトライアル
gold-new 橋本 英也(岐阜・日本競輪学校) エリート男子オムニアム
gold-new 近谷 涼、一丸 尚伍今村 駿介沢田 桂太郎
※アジア新記録、日本新記録
「決勝は攻める自分たちのレースをした」アジア&日本新記録の男子チームパシュート(一丸尚伍、近谷涼、沢田桂太郎、今村駿介)インタビュー
エリート男子チームパーシュート
gold-new 河端 朋之(JPCA・JPCU岡山)
河端朋之がケイリン金でアジア王者に・世界選手権の出場枠を獲得
エリート男子ケイリン
gold-new 川本 翔大(広島・大和産業株式会社/TEAM BRIDGESTONE Cycling)C2 パラサイクリングMC1-3 3km個人パーシュート
silver-new 川本 翔大(広島・大和産業株式会社/TEAM BRIDGESTONE Cycling) パラサイクリングMC1-3 1kmタイムトライアル
silver-new 日野 泰静、兒島 直樹、佐藤 竜太、馬越 裕之 ジュニア男子チームパーシュート
silver-new 渡邉 一成、河端 朋之、長迫 吉拓 エリート男子チームスプリント
silver-new 長田 龍拳、松本 秀之介、黒瀬 浩太郎 ジュニア男子チームスプリント
bronz-new 石井 洋輝(福島・白河実業高校) ジュニア男子スクラッチ(10km)
bronz-new 松本秀之介(熊本・九州学院高校) ジュニア男子ケイリン

女子の獲得メダル一覧

TAGS