「決勝は攻める自分たちのレースをした」アジア&日本新記録の男子チームパシュート(一丸尚伍、近谷涼、沢田桂太郎、今村駿介)インタビュー/アジア選手権トラック2018

左から近谷涼、今村駿介、イアン・メルビン中距離ヘッドコーチ、一丸尚伍、沢田桂太郎

アジア選手権トラック2018男子チームパシュート決勝で、3分57秒801のアジア&日本新記録を樹立し金メダルを獲得した日本ナショナルチーム(一丸尚伍近谷涼沢田桂太郎今村駿介)の選手たちへレース直後インタビュー。

決勝レースでは途中まで韓国に先行されるも、3,000mを過ぎた辺りで徐々に差を詰め、最後には逆転勝利を飾っている。

男子チームパシュート決勝リザルト

チーム 1,000m 2,000m 3,000m タイム 平均時速
日本 1:03.616 2:02.238 3:00.648 3:57.801 60.56km/h
韓国 1:03.333 2:01.320 2:59.909 3:59.735 60.07km/h

女子が頑張ってくれたからこそ、僕らも頑張れた

まずは皆さん感想を聞かせてください

近谷涼(以下、近谷):最高です。

今村駿介(以下、今村):今までで一番嬉しかったです。

一丸尚伍(以下、一丸):2013年からこの種目のアジア選手権に出続けているのですが、2位続きで、やっと勝ててホッとしてます。

沢田桂太郎(以下、沢田):ゴールした瞬間に、声が出るくらい嬉しかったです。そして世界選手権の切符も手に入れたので、次も頑張りたいと思います。3分台で走ったので、有言実行しましたよね(笑)

予選1位、男子チームパシュート(一丸尚伍、近谷涼、沢田桂太郎、今村駿介)/アジア選手権トラック2018

今回のタイムが出た要因は?

近谷:予選はフィニッシュタイムを設定して走ったのですが、決勝は自分たちのレースをして、相手を気にせずに、攻めて攻めて4人が力を使い切るという走りをしました。その結果がこのタイムに繋がったと思います。

決勝のスタート前はどんな話をチーム内でしていましたか?

今村:そんなに話はしていないです。心の中で皆わかっているので。フィニッシュまで皆が集中力を切らさず走れたので良かったです。

女子チームパシュートの結果も刺激になりましたか?

一丸:そうですね。(チームの皆と)悔しいね、という話はしていましたので。ただ女子が頑張ってくれたからこそ、僕らも頑張れたと思っています。

アジア&日本新記録で大差の金メダル、女子チームパシュート/アジア自転車競技選手権2018

これで世界選手権の出場が確定しましたね。

沢田:参加するだけで終わらずに、世界選手権でも同じようなタイムが出せるように頑張りたいと思います。

おめでとうございました!

一同:ありがとうございます!

TAGS

Related Articles