男子スプリント日本から3人が出場、河端朋之「進歩を感じている」/2017-2018トラックワールドカップ第1戦

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

河端朋之

2017-2018トラックワールドカップ第1戦の男子スプリントには日本から新田祐大(ドリームシーカー)、脇本雄太(日本ナショナルチーム)、河端朋之(JPC)の3人。まずは出場37人中28位までが本戦への進出を争う、予選が行われた。

男子スプリント予選

予選の200mタイムトライアルでは、新田が10秒119(28位)、脇本が9秒999(21位)、河端が9秒933(16位)と、3人ともに予選を通過した。

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

新田祐大

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

新田祐大

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

新田祐大

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

脇本雄太

2017-2018トラックワールドカップ第1戦

河端朋之

男子スプリント 予選200mタイムトライアル結果

順位チーム名前タイム
1オランダLAVREYSEN Harrie9.649
2ポーランドRUDYK Mateusz9.707
3ウクライナVYNOKUROV Andrii9.755
4100%meHINDES Philip9.755
5オーストラリアGLAETZER Matthew9.767
6オランダHOOGLAND Jeffrey9.770
7イギリスOWENS Ryan9.776
8チェコKELEMEN Pavel9.802
9リトアニアLENDEL Vasilijus9.803
10ニュージーランドMITCHELL Ethan9.821
16JPC河端朋之9.933
21日本脇本雄太9.999
28ドリームシーカー新田祐大10.119

大会公式リザルト(PDF)

本戦、決勝、選手コメント

TAGS