他競技から自転車競技に行った選手まとめ【トラック競技/競輪編】

原大智

Photo by Dustin Satloff/Getty Images

競輪は「他競技からの競技転向者が一番多い種目」と言われている。また、自転車競技本場の欧州では、スピードスケート出身の選手が自転車競技へと転向する例も少なくない。(スピードスケートはオフシーズンに自転車でのトレーニングが取り入れられている)

本記事では、様々な競技からトラック競技/競輪へと競技転向した選手についてフォーカスしていく。

松井宏佑(スピードスケート)

Final / Men's Keirin / GRAND PRIX OF MOSCOW 2019

日本ナショナルチーム短距離のルーキーながらも、ロシア遠征では初めての国際大会で優勝を飾った松井宏佑。小学校から大学4年まではスピードスケートを専門とし、日本代表として国際大会にも出場した経歴を持つ。

競輪ではデビューから1年足らずでS級特昇を果たすなど、今後もトラック競技/競輪での活躍に大きな期待がかかる。

ルーキー大金星、松井宏佑が初の国際大会で優勝/男子ケイリン・モスクワGP2019

名前松井宏祐
生年月日1992年9月24日
出身日本・神奈川県
所属競輪(神奈川・113期)/日本ナショナルチーム
種目トラック短距離/競輪
著名なリザルトモスクワGP2019ケイリン 優勝
転向前競技スピードスケート

ロリーヌ・ファンリーセン(スピードスケート)

Women's Sprint Qualifying / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

短期登録選手として日本でもお馴染みのロリーヌ・ファンリーセン

2010年バンクーバー冬季オリンピックスピードスケート1000mにて銅メダル獲得の経歴を持つオリンピアン。2014年に自転車トラック競技に転向し、2016年リオ・オリンピックに出場。2018年からはテオ・ボス率いるBEAT CYCLING CLUBに所属しているオランダ屈指のスプリンター。

名前ロリーヌ・ファンリーセン(Laurine Van Riessen)
生年月日1987年8月10日
出身オランダ
所属BEAT CYCLING CLUB
種目トラック短距離
著名なリザルト2018-19UCIトラックワールドカップ第1,3戦ケイリン 優勝
転向前競技スピードスケート

梶原悠未(水泳)

トラック競技だけでなくロードレースでも活躍している梶原悠未

幼少期から中学までは水泳一筋だったが、高校入学と共に始めた自転車競技で才能が開花。ロード/トラック界において国内だけでなくアジアを超え世界でも活躍。

2017-18UCIトラックワールドカップ第3戦では日本人初となるオムニアム優勝。続いて第4戦でも優勝を果たし連覇。トラックアジア選手権ではオムニアムにて3連覇(2017,18,19)を達成し、日本人女子トラック界で大きく歴史を残してきた。

名前梶原 悠未
生年月日1997年4月10日
出身日本・埼玉県
所属筑波大学/日本ナショナルチーム
種目・トラック中・長距離
・ロードレース
著名なリザルト・トラックアジア選手権オムニアム3連覇(2017,18,19)
・2017-18UCIトラックワールドカップオムニアム 第3戦、第4戦優勝
転向前競技水泳

太田りゆ(陸上競技)

TAGS