ボス、ブフリら日本拠点のBEAT Cycling Club JAPAN(ビート サイクリング クラブ ジャパン)を設立

世界中へ広がるBEAT Cycling Club

BEAT Cycling Club

BEAT Cycling Club

オランダを本拠地とするBEAT Cycling Clubは2017年に設立され、テオ・ボスとマティエス・ブフリが加入。初シーズンとなる昨年のトラックワールドカップでは、出場種目の殆どで金メダルを含む多くの表彰台を獲得し、世界へその名を轟かせた。2018年にはロリーヌ・ファンリーセンも加わったことで、女子チームも含めた積極的な拡大を行っている。

BEAT Cycling Clubはトラック競技だけでなく、ロードレースにおいてもヨーロッパでUCIヨーロッパツアーで戦いを繰り広げており、多数の戦果も挙げている。将来的な目標にはツール・ド・フランスへの参戦を掲げる。

チームの設立からわずか1年程で、既にメンバーは世界中で約1,300名を数える規模へ成長。

関連記事:ワールドカップ初参戦で優勝、単独スポンサーに依存しないBEAT CYCLING CLUBの野望

現役世界王者によるトレーニングキャンプも

BEAT Cycling Club JAPAN

トレーニングキャンプの様子

BEAT Cycling Club JAPAN設立の試金石として、競輪へ参加中のテオ・ボスとマティエス・ブフリは、伊豆ベロドロームでトレーニングキャンプを行うなど、親しい競輪選手らへコーチングを実施してきた。今回の日本支部設立は、それを組織的に行っていこうというものだ。

BEAT Cycling Club JAPAN

 

View this post on Instagram

 

Really nice training camp 💥 last few days with japanese keirin members👊!@beatcyclingclubjapan @beatcyclingclub #keirin

Matthijs Büchliさん(@matthijs.buchli)がシェアした投稿 –

正式な日本支部の発足は今シーズンの世界選手権が終わる2019年3月頃を予定しているが、先行してメンバー登録の受付を開始した。メンバーになるとテオ・ボスとマティエス・ブフリも着用している、メンバーの証となるクラブジャ ージ、そしてメンバー限定の情報が配信される。

メンバー登録はBEAT Cycling Club JAPANのウェブサイトから行うことができる。入会金は10,000円(税込み)を支払うとBEATサイクリングシャツがプレゼントされ、オンラインショップでサイクルパンツ、ソックス、タイムトライアルウェアなどのBEAT関連グッズの購入ができる様になる。

BEAT Cycling Club 公式HP
https://www.beatcycling.club/

BEAT Cycling Club JAPAN 公式HP
https://www.beatcycling.club/en/beat/

Facebookページ
https://www.facebook.com/beatcyclingclubjapan/

Twitter
https://twitter.com/beatcyclingjp

Instagram
https://www.instagram.com/beatcyclingclubjapan/

お問い合わせ先
BEAT Cycling Club JAPAN事務局 : 050-3556-4071

TAGS