激戦の女子ケイリンを制したのはナターシャ・ハンセン、小林優香は表彰台へあと一歩/2018ジャパントラックカップⅡ

東京五輪に向けて、ケイリンを集中的に練習したい

ナターシャ・ハンセン

ナターシャ・ハンセン

優勝おめでとうございます

(日本語で)ありがとうございました!

本日のレースはいかがでしたでしょうか

伊豆に戻ってこれて、そしてたくさんの強い選手たちの中で良い結果を出すことができて嬉しいです。

日本でのトラック競技のレースはどのような印象でしょう

競輪では日本のレースを走るのは2年目になりますが、UCIのレースは今回初めてです。日本のスタッフやファンの前で走れることはとても嬉しいです。ベロドロームもとても綺麗ですし、ここを練習でも使っているので今回はすごくリラックスして走ることができました。

東京オリンピックに向けて、どのような走りをされたいと思っていますか?

ケイリンを集中的に練習して、スキルをあげていきたいと思っています。

ナターシャ・ハンセンの関連記事

女子ケイリン 競技結果

2018ジャパントラックカップⅡ 女子ケイリン 表彰式

順位名前チーム
1ナターシャ・ハンセンNZL
2リー・ワイジーHKG
3ゾン・ティエンシーMSP
4小林優香DSR
5ロリーヌ・ファンリーセンNED
6ニッキー・デグレンデルBEL
7カーリー・マキュロッチAUS
8イ・ヘジンKOR
9マチルド・グロFRA
10マダリン・ゴッドビーUSA
11太田りゆBGT
17前田佳代乃JPC
17石井貴子JPN

落車で波乱の決勝…カーリー・マキュロッテが優勝、小林優香は4位/2018ジャパントラックカップⅠ・女子ケイリン

TAGS