【長迫吉拓コラム】決断、出発の地W.C.Cで再スタート「トラック競技から離れ、BMXレースで東京2020のメダルを狙う」

諦めたわけじゃない

その理由にはアジア大会にトラックチームとして出場できなかったこともある。

アジア大会2018 BMXレース長迫吉拓 アジア大会2018 BMXレースでは金メダルを獲得

夏季と冬季、どちらかに分かれている競技であれば、まだトレーニング等ついて行くことが出来ていただろう。しかし、その2つを夏季同時にとなると、想像以上に厳しいものがあった。もちろん簡単ではないことを承知でやっていたが、結果を目の当たりにすると、予想以上だったと言える。

自分にとっては大きな決断だったが、諦める勇気も必要だ。

長迫吉拓

でも、トラック競技を諦めたわけじゃない。もしかしたら東京2020が終わってから、トラック競技へ戻ってくるかもしれないし。東京が終わってみないと分からなけれども。

今思うことは「乗ってる自転車が違うだけで、ペダルを漕いでることは同じ!」だから、自転車競技全体が盛り上がって東京オリンピックに向けていければなと思ってる。

長迫吉拓

W.C.Cは僕がトラック競技を始めるきっかけにもなった所。またW.C.Cについても記事にしていければと思っています!

引き続き、僕のSNS でチェックしていてください!

関連記事:dream SEEKER・長迫吉拓が今季最高位獲得/BMXワールドカップ第7・8戦

instagram : @yoshi993nagasako / @yn_lens (写真アカウント)
twiter : @yoshitaking993
YouTube : YN LENS

Photo & Text : 長迫吉拓

TAGS

Related Articles