【長迫吉拓コラム】決断、出発の地W.C.Cで再スタート「トラック競技から離れ、BMXレースで東京2020のメダルを狙う」

長迫吉拓

UCI W.C.Cへ拠点を戻す

スイスにある自転車の本部、UCIと併設されている、ワールドサイクリングセンター(以下 W.C.C) へ来て、早くも3週間が過ぎた。「見るもの全てが新しくて、新鮮!」ということは全くない 。

そう、僕はリオ五輪までの約5年間、ずっとここW.C.Cを拠点にしていた。

長迫吉拓

2012年、初めてスイスへ来た当時は18歳で、全てに興味津々状態。メカニックルームには、高級感たっぷりのロードバイクやトラックバイク、ホイールなどが吊り下げられていて、見え上げたまま口が閉じなかったのを覚えている。

長迫吉拓 srcset=

長迫吉拓

長迫吉拓

長迫吉拓

しかし、スイスへ来た年のロンドン五輪は出場することができず、夏には帰国。その時に初めてスポンサー探しをしたのもこの時だった。

関連記事:500社はあたった。練習とバイト、スポンサー探しに明け暮れた日々/長迫吉拓インタビュー前編

初めての海外生活

TAGS