冷静なサムライ河端朋之、世界選手権で銀も「別にここがゴールでもない」更なる高みへ

河端朋之

日本人として25年ぶりにトラック世界選手権の表彰台へ上った河端朋之選手が世界選手後のオフへと入る直前、激闘の残り香を尋ねようと試みた。日本にとって歴史的な偉業を達成した結果を本人は冷静に受け止めている。ストイックにアスリートとしての自分を高めようとしているのかが垣間見えるインタビュー。

河端朋之

25年ぶりの快挙も、本人は至って冷静

トラック世界選手権2018のケイリンで銀メダルを獲り、周囲の目って変わりましたか?

ワッキー(脇本雄太)達とよく行く定食屋さんで「テレビ観たよ〜」って言われましたね(笑)あとは「孫ができたから、抱っこして!」って言われて、一緒に写真撮ったりとか。

河端朋之

テレビにバンバン出てましたもんね。

らしいですね。でも、ちゃんとしたテレビ出演てそんなにしていなくて、CSの競輪番組に少し出させてもらったくらいです。

(ここで店員さんがオーダーを取りに来る)

あ、注文しちゃってください。

ランチセットで。

と?

と?1つで大丈夫ですよ。

選手ですから2人前位必要なのではないでしょうか?

いやいや(汗)そんなに食べれませんよ(笑)

んー…「別にここがゴールでもないしな」って

TAGS