競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

【5日目・最終日】ダリア・シュメレワが3回目の500mTT女王に マディソンではラップで逆転のメダル獲得も/2020UECトラックヨーロッパ選手権

2020/11/17

11月11日〜15日(現地時間)にかけてブルガリアのプロヴディフにて開催された「2020UECトラックヨーロッパ選手権」。

大会最終日となる5日目には女子500mTT、男子1kmTT、男女マディソンの計4種目が実施され、ダリア・シュメレワ(ロシア)による3回目のタイトル獲得や、トマシュ・バベク(チェコ)による初のヨーロッパ選手権1kmTT優勝、マディソンでの逆転劇など、大会の締めくくりに相応しいレースとなった。

1〜4日目の様子はこちらから。

2024パリ五輪への戦いの口火を切る!?21カ国が出場、2020UECトラックヨーロッパ選手権11月11日に開幕

女子500mTT

女子500mTT(タイムトライアル)には8人の選手が出走し、予選なしの一発決勝で争われた。

第1走者のオレクサンドラ・ロビニク(ウクライナ)が36.160を記録したが、次々とタイムが更新されていく。注目は、6番目に出走したダリア・シュメレワ(ロシア)。シュメレワは32.720のタイムを出し暫定首位となる。

その後、ミリアム・ヴェチェ(イタリア)と最終出走者のアナスタシア・ボイノワ(ロシア)がシュメレワのタイムに挑むも両者33秒台でシュメレワには届かず。

同種目で2019年の世界王者であるシュメレワが、自身3回目のヨーロッパ選手権タイトル獲得(2016、2018、2020)を果たした。

順位 名前(国) タイム
1位 ダリア・シュメレワ(ロシア) 32.720
2位 アナスタシア・ボイノワ(ロシア) 33.719
3位 ミリアム・ヴェチェ(イタリア) 33.769

リザルト(PDF)

男子1kmTT

男子1kmTT(タイムトライアル)には19人が出走。予選のタイム順に上位8人が決勝へと進み、短距離選手はもちろん、個人パシュートなどでも活躍している中・長距離選手も顔を揃えた。

決勝ではソティリオス・ブレタス(ギリシャ)が第1出走者となり1:01.964を記録。終盤に出走したBMX出身の中長距離選手、イーサン・ヴェロン(イギリス)は1:00.999と、それまで唯一の1分フラット台を記録する。

その後に出走したジョナサン・ミラン(イタリア)は1:01.009でヴェロンには届かず、残すは最終出走者のトマシュ・バベク(チェコ)。

中間計測含め最速タイムでラップを刻み、バベクが1:00.517のタイムでタイトル獲得を果たした。1kmTTでは過去に国内選手権とヨーロピアンゲームスで優勝の経歴があるが、ヨーロッパ選手権での優勝は自身初となる。

以下バベクのコメント。

「とてもキツかったですが最高の気分です。中長距離の若手2人が攻めてきたので大変でした。国際大会に参加するようになってから、ずっとこのヨーロッパ王者のジャージを追い続けていました。何度も逃してきて、これが(ケイリンに次いで)2回目の優勝です。とても素晴らしい気分です」

順位 名前(国) タイム
1位 トマシュ・バベク(チェコ) 1:00.517
2位 イーサン・ヴェロン(イギリス) 1:00.999
3位 ジョナサン・ミラン(イタリア) 1:01.009

リザルト(PDF)

女子マディソン

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。