競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

【1日目】ロシアが男女チームスプリントで完全優勝/2020UECトラックヨーロッパ選手権

2020/11/13

2020年11月11日〜15日にかけてブルガリアの都市・プロヴディフで開催される「2020UECトラックヨーロッパ選手権」。

初日は女子スクラッチ、男子エリミネーション、男女チームスプリントの計4種目が開催された。

デニス・ドミトリエフ(ロシア)に、トマシュ・バベク(チェコ)など競輪ファンには親しみのある選手や、女子スプリント大国ドイツとしのぎを削ってきたアナスタシア・ボイノワ(ロシア)など東欧のトップ選手が集結。チームスプリントでは男女共にロシアが金メダルを獲得した。

大会1日目の結果まとめおよびレースレポートをお届けしていく。

2024パリ五輪への戦いの口火を切る!?21カ国が出場、2020UECトラックヨーロッパ選手権11月11日に開幕

男子チームスプリント

決勝はデニス・ドミトリエフらのロシア vs トマシュ・バベクらのチェコ。

第1走のドミトリエフが1周目を17.426で走り切り、序盤からのチェコからリードを保ったまま、唯一の43秒台前半となる43.007のタイムでゴール。

予選から決勝まで、全て1位通過でロシアが完全優勝という結果となった。

順位 国(名前) タイム
1位 ロシア(デニス・ドミトリエフ/パベル・ヤクシェフスキ/イワン・グラディシェフ)※予選はアレクサンダー・シャラポフも出走 43.007
2位 チェコ(トマシュ・バベク/ドミニク・トピンカ/マルティン・ツェフマン) 43.925
3位 ギリシャ(ソティリオス・ブレタス/イオアニス・カロゲロポウロス/コンスタンティノス・リバノス) 44.098

リザルト(PDF)

女子チームスプリント

UECヨーロッパ選手権女子エリートでは初となる、3人制のチームスプリント。

決勝はアナスタシア・ボイノワダリア・シュメレワらを揃えるロシア vs パリオリンピックに向けた若手メンバー中心で挑んだイギリス。

1周目からイギリスとのリードを広げたロシア。唯一の46秒台で優勝を果たした。

男子と同様にロシアが予選から決勝までストレート勝ちでメダルを獲得し、ロシアがチームスプリントのヨーロッパ最速の国としての称号を得た。

順位 国(名前) タイム
1位 ロシア(アナスタシア・ボイノワ/ダリア・シュメレワ/ナタリア・アントノバ)※予選はエカチェリーナ・ロゴバヤも出走 46.852
2位 イギリス(ミリセント・タナー/ブレイン・リッジデイビス/ルイサ・スティール) 48.531
3位 ウクライナ(バソワ・リウボフ/オレナ・スタリコワ/オレクサンドラ・ロビニク) 49.296

リザルト(PDF)

女子スクラッチ

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。