ロード世界選手権2019「自分向きのコースだっただけに悔しい」新城幸也コメント/TEAM ユキヤ通信 2019 №47 ーWorld Championships2019ー

新城幸也 ロード世界選手権2019

現地時間2019年9月29日に行われた『ロード世界選手権2019』。男子エリートロードレースのレースレポートとバーレーン・メリダ新城幸也選手のコメントが届いた。

「久しぶりにコンディションが良い」新城幸也&「しっかり幸也さんを守る」中根英登 日本代表インタビュー/ロード世界選手権2019

悪天候(ノースヨークシャー地方に大雨注意報が出された)の影響で、スタート直前にコースの短縮が発表され、コースの全長は261kmに。それでも選手のペダルが水に浸かってしまうほどの水たまりの区間があり、それに加え気温10℃前後で雨が降り続き、世界選手権史上最悪と言われる状況でのレースとなった。

以下、新城のコメントとレースレポート。

『集団にいれば楽だけど、集団にいなかったらきついコースだったので、少しでも遅れないようにしていました。

130km過ぎても1時間ぐらいしか経ってないんじゃないかと思うぐらい調子も良く、脚を全く使わずフレッシュな状態でいい形で(周回コースに)入ってきたんですけど、集団の後ろのほうで入ってしまった2周目の補給所で中切れにあってしまいました。

追いかけましたが、1分40秒ほどの遅れはもう追いつけない。前の集団が30人だったら良かったけれど90人で、寒さもあって絶望的だったのもあり、レースを降りました。中切れでレースが終わってしまい、消化不良です。

新城幸也 ロード世界選手権2019

ブエルタが終わってからも調子は良く、17位に入った2015年のリッチモンドでの世界選手権の時くらい、良い身体のコンディションでした。
コースプロフィールは自分向きのコースだったので、それだけに悔しいです。シーズン残りのレースで良い走りをすることも重要ですが、それよりも今日結果を残したかったので、悔しい。

でも自分のミスだから悔しがれません。一回ミスして中切れが起こったら、力があっても多人数の集団との差を詰めることが難しいことはわかっていた。だからそうならないよう走るべきと分かっていたのに…一瞬の位置取りのミスです。また経験値を一つ増やすだけの結果になってしまいました。

せっかく4〜5年かけて良いナショナルチームを組んで、意思を統一できている素晴らしいチームで臨めたのに、良い形で締めくくれなかったのは申し訳ない気持ちです。
もちろんジャパンカップも含め、まだ、レースは残っていますので、この悔しさはどこかで晴らそうと思っています。

日本チームの完璧なサポート、皆さんの応援ありがとうございました。』

新城幸也 中根英登 ロード世界選手権2019

新城は10月5日Giro dell’Emilia、6日にGran Premio Bruno Beghelli、9日Milano-Torinoと、イタリアでの3連戦に臨み、その後ジャパンカップ参加のため帰国予定。

Text : Miwa IIJIMA
TEAM ユキヤ通信 2019 №47』
29 September 2019 at Yorkshire
ーWorld Championships2019ー

【詳報】新たな世界チャンピオンはペデルセン 男子エリートロードレース/ロード世界選手権2019

TAGS