突然のコース変更、30名を巻き込む大落車 ケガ人まで/ジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaud 2018 第3ステージ

レース様子

引用:JCF

2018年5月24日〜5月27日までの4日間で開催されるジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaud。第3ステージ前半はロードレースが行われた。

レース中のコミュニケーションの重要性を再確認、悔しさを噛みしめる/ジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaud 2018 第1ステージ

レースを経て、戦い方や知識など多くを学ぶ/ジュニアネイションズカップTour du Pays de Vaud 2018 第2ステージ

当日の朝、突然のコース変更があり、スタート直後の3.4kmの登りに続き、10km過ぎから8km勾配の緩い登りが加わることになった。

さらにコース中盤には、4.4kmの登りも控えている。合計78.7kmと距離は短いながらも、コースプロフィールからは分からないアップダウンの多い、激しいレース展開になることが予想された。

大落車発生で日野が余儀なくリタイア、ニュートラル措置まで

スタート

引用:JCF

スタートして2kmの広い平坦区間で大落車が発生し、30人ほどが巻き込まれる。日本チームも数名巻き込まれ日野が腰を強打し、そのままリタイアを余儀なくされる。落車の状況によりニュートラル措置がとられ、中村も代車に乗りかえてスタートする。

最初の山岳で3名が抜け出し、そこからは個人総合リーダーを擁するデンマークがコントロールして集団は進む。40km過ぎにある4.4kmの登り区間で集団は完全にバラバラになり、その中で小野寺が20人以下となった先頭集団に入る。その後、香山らも合流し、メイン集団は再び50人程になる。

そこからは細かな動きはあるが、アタックは決まらず最後は緩い登りでのスプリントとなり、フランスのPAGE Hugoが制した。香山と小野寺は連携が取れず、香山は28位にとどまった。

10.2kmTT SKJELMOSE JENSEN Mattiasが圧巻の走り

コース

引用:JCF

第3ステージ後半は10.2kmのTTが行われた。コースプロフィールでは平坦基調の単調なコースに見えたが、アップダウンが多く、道の狭い区間のテクニカルコーナーも2つある。

優勝は前評判通りデンマークのSKJELMOSE JENSEN Mattiasが10.2kmを12分22秒で走り抜いた。2位と21秒、3位と30秒のタイム差をつけ圧倒的な走りを見せた。日本チームは香山の1分42秒差の56位が最高位であった。

最終ステージとなる第4ステージは山岳ポイント自体は厳しくないが、スタートからラスト20kmまでアップダウンが続く。好調の小野寺、香山でステージ上位を狙う。

競技結果

1位 PAGE Hugo(フランス)
2位 STRELKOV Nikita(ロシア)
3位 MAAS Edo(オランダ)
28位 香山飛龍(Japan National Team)
36位 小野寺慶(Japan National Team)
66位 道見優太(Japan National Team)
93位 宇佐美颯基(Japan National Team)
DNF 中村龍吉
DNF 日野凌羽

 TT 競技結果

1位 SKJELMOSE JENSEN Mattias(デンマーク)
2位 LEVY William Blume(デンマーク)
3位 AASHEIM Ludwig (ノルウェー)
54位 香山飛龍(Japan National Team)
64位 小野寺慶(Japan National Team)
85位 道見優太(Japan National Team)
88位 宇佐美颯基(Japan National Team)

個人総合成績

1位 SKJELMOSE JENSEN Mattias(デンマーク)5時間18分11秒差
2位 LEVY William Blume(デンマーク)18秒差
3位 AASHEIM Ludwig (ノルウェー)37秒差
38位 小野寺慶(Japan National Team)5分01秒差
60位 道見優太(Japan National Team)11分51秒差
63位 香山飛龍(Japan National Team)15分22秒差
83位 宇佐美颯基(Japan National Team)33分50秒差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

TAGS