ジュニア日本チーム 選手としての成長には課題が山積み/ジュニアネイションズカップTROFEE CENTRE MORBIHAN2018 第2ステージ

レース

引用:JCF

2018年5月19日(土)〜5月20日(日)までの2日間、タイムトライアルを含めて3ステージ制で行なわれるジュニアネイションズカップTROFEE CENTRE MORBIHANの第2ステージ。

日本チームからは以下4名の選手が出走した。

小野寺慶日野凌羽中村龍吉宇佐美颯基

体調不良の中、小野寺 個人TTでチーム最高位に

ゴールシーン

引用:JCF

ステージ前半はレース途中に500mほどの登り区間が2か所ある7kmのアップダウンでの個人タイムトライアルだった。結果はノルウェーのWAERENSKJOLD Sorenがアベレージ49.317km/hで優勝。日本チームはこの日の朝から体調不良だった小野寺がトップと1分7秒差の55位でチーム最高位であった。

まだまだ課題は山積み、いかに選手としての成長するか

スタート

引用:JCF

午後のステージはアップダウンが多くラストは1周7.2kmの周回を5周してゴールする合計100.7kmで争われた。

序盤はドイツやブルターニュ選抜の選手が逃げを作るが、ベルギーチームが緩やかに集団をコントロールして進む。山岳ポイント争いはあるが、昨日のように大きな動きはない。山岳ポイントでのペースアップで集団は30名ほどに絞られ、ここに中村のみが残る。昨日のステージで粘った小野寺は体調不良で周回に入ってそのままリタイアする。

80km地点で飛び出したスペインのRODRIGUEZ CANO Carlosが抜け出した。集団スプリントを狙うドイツ、ノルウェーチームが追撃をするが、そのまま逃げ切り優勝した。中村はスプリントに絡めず集団後方の30位でゴールした。

例年日本ジュニアチームは、この大会を皮切りにネイションズカップに参戦していく。しかし、集団走行技術、集団内での位置取り、風を読む力、そしてTTでの独走力の差、言語の勉強不足、コミュニケーション不足を痛感する。

この大会から学べることが多くあるが、自分の目を大きく見開いて、レースで勝負するために求められているものは何かを感じなければ、選手としての成長はない。

日本チームは、同じメンバーで2018年5月24日〜5月27日までスイスで開催されるネイションズカップTour du Pays du Vaudに参戦する。

TT競技結果

1位 WAERENSKJOLD Soren(ノルウェー)8分30秒
2位 EVENPOLE Remco(ベルギー)0.67秒差
3位 SYRITSA Gleb(ロシア)9秒96差
55位 小野寺慶(Japan National Team)1分7秒33差
61位 中村龍吉(Japan National Team)1分28秒11差
66位 日野凌羽(Japan National Team)1分37秒47差
72位 宇佐美颯基(Japan National Team)2分6秒20差

競技結果

1位 RODRIGUEZ CANO Carlos(スペイン)
2位 WAERENSKJOLD Soren(ノルウェー)
3位 HEIDUK Kim(ドイツ)
30位 中村龍吉(Japan National Team)
71位 宇佐美颯基(Japan National Team)
66位 日野凌羽(Japan National Team)
DNF 小野寺慶

個人総合成績

1位 EVENPOLE Remco(ベルギー)5時間30分6秒
2位 PICCOLO Andrea(イタリア)3分48秒差
3位 WAERENSKJOLD Soren(ノルウェー)4分11秒差
34位 中村龍吉(Japan National Team)5分40秒差
62位 宇佐美颯基(Japan National Team)31分6秒差
63位 日野凌羽(Japan National Team)32分29秒差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

TROFEE CENTRE MORBIHANの第1ステージ

ネイションズカップ関連記事

山本大喜が長距離を先行、悪くないスタート/UCIネイションズカップ U23 初戦レポート

新チームで各選手が役割をこなす試み/U23ネイションズカップ TOUR DES FLANDRES ESPOIR

TAGS