新城「明日から更にレースは激化する」テンポよく走り総合争いに備え/ツール・ド・バスク参戦 ユキヤ通信2018 NO.18

新城幸也

晴天に恵まれた第4stage。個人タイムトラシアルに挑む新城 photo Miwa IIJIMA

バーレーン・メリダの新城幸也選手が参戦中のスペイン、バスク地方でのワールドツアー『Itzulia Basque Country (イツーリア・バスクカントリー)』、第4ステージが4月5日に行われた。

強風の中での個人TT

第4ステージは、連日の山岳コースにつかの間の休養ともいうべき、19kmの個人タイムトライアル。フラットとはいうものの、このレース独特のコースプロフィールには表れない登りと、強い風との戦いとなった。総合を狙うゴルカ・イザギレはトップから1分11秒遅れの28位に終わり、総合順位を5位に下げ、新城は108位でレースを終えている。また、ヴィンツェンソォ・ニーバリは次のレースの調整のため、第5ステージには出走せずに備えた。

新城幸也

前半は街の中を通過するため、コーナーが連続した。Photo Miwa IIJIMA

以下、レース後の新城選手のコメント。

激化する終盤レース、しっかりと走りたい

コースは平坦で簡単だったけど、昨日に引き続き風は強かった。テンポ良く走って、明日に備えた。明日の第5ステージと、明後日の最終日の2日間は、総合を賭けた戦いが更に激しさを増す事は想像出来る。しっかりと走りたい。

大会オフィシャルページはこちら
*レースの模様はDAZONにてライブ配信中

Text:飯島美和
『Team ユキヤ通信 2018 №18』5,April,2018 at Pays Basque

新城「誰がエースでも最高のアシストを」/ツール・ド・バスク参戦 ユキヤ通信2018 NO.15

新城幸也、山岳コースと天候に苦戦/ツール・ド・バスク参戦 ユキヤ通信2018 NO.16

得意の登りに苦戦!? 新城幸也「久々に脚が痛いけど、嬉しい(笑)」/ツール・ド・バスク参戦 ユキヤ通信2018 NO.17

TAGS