新城「誰がエースでも最高のアシストを」/ツール・ド・バスク参戦 ユキヤ通信2018 NO.15

チームプレゼンテーションに登場したTeam BAHRAIN MERIDA。紹介され、 手を挙げて応える新城。photo Miwa IIJIMA

新城幸也選手が4月2日よりスペインのバスク地方で開幕するワールドツアー「Itzulia Basque Country (イツーリア・バスクカントリー)」に出場する。これまで、開催地の地名そのままで「Pays Basque(ペイバスコ・バスク一周)」というレース名だったが、2018年「ツール・ド・バスク」という名称に変更された。

誰がエースでも最高のアシストを

バーレーンメリダのチーム構成は、絶対的エース、ヴィンツェンツォ・ニーバリに、地元バスク出身のスター選手、イザギレ兄弟と、スペインのファンにとってはまさにオールスターと言っても過言ではなく、チームプレゼンテーションでは、一番の大歓声が上がった。

新城はニーバリとは初めてのレースとなったが、「誰かエースでも自分に与えられた仕事をやり遂げるだけ。」という気持ちでレースに臨んだ。

2級山岳に差し掛かる集団の中でイザギレの指示を聞く新城(写真中央奥) photo Miwa IIJIMA

2級山岳に差し掛かる集団の中でイザギレの指示を聞く新城(写真中央奥) photo Miwa IIJIMA

チームの最高位はIZAGIRRE Gorkaがトップから23秒遅れの5位。新城はトップから8分14秒遅れの124位で第1ステージを終えた。

レース後の新城選手のコメント

2003年4月1日にフランスに到着して16回目の自転車選手としてのバースディを迎えました。

今日のコースはクラシカサンセバスチャンのコースがほとんどで、走ったことのある道だった。しかし、最後の山岳は、初めてのコースでギアをフロント36、リア32(登坂用)にしておいてだいぶ助かった(笑)普通に登ったら前輪が浮くほどの勾配でしたので…。

久しぶりのヨーロッパでのレースはやっぱり楽しかった。チームの地元のイザギレ兄弟がモチベーションもコンディションも高いので、あと4日間、最高のアシストを目指して頑張ります!

バスク地方独特の切り立った岩山を縫って走る集団。中央に新城の姿が確認できる Photo Miwa IIJIMA

バスク地方独特の切り立った岩山を縫って走る集団。中央に新城の姿が確認できる Photo Miwa IIJIMA

大会オフィシャルページはこちら
*レースの模様はDAZONにてライブ配信中

Text:飯島美和

『Team ユキヤ通信 2018 No.15』 2,April ,2018 at Pays Basque
ーItzulia Basque Country (2.UWT) Stage1»Zarautz›Zarautz(162.1k)ー

TAGS

Related Articles