日本が銀メダル!男子種目で初、日本レコードも更新/2017-18トラックワールドカップ4戦・男子団体追い抜き

「一人一人が自分を信じて走れた」選手コメント

男子チームパシュート表彰式

沢田選手:とてもうれしいです。いろいろ直せるところはあると思いますが、出せる力は出したと思うので満足しています。前半は走りが上手く行っていた部分があるのですが、後半はラインなど、少し崩れてしまった部分があるので、まだタイムは伸ばせると思います。

一丸選手:少しずつタイムは上がっていたのですが、4分を切れたことが大きいです。全力を出し切ったことが銀メダルの結果に繋がったと思います。綺麗に走ることを目標にしていたのですが、それができたこと、またコーチの言ってくれたことを信じて一人一人が自分を信じて走れたことが上手くいった要因だと思います。

今村選手:ずっと個人種目でやってきましたが、チームで走って日本記録を更新できたこと、そして銀メダルを取れたことがうれしいです。

近谷選手:結果が出たことで、今までやってきたことが報われたと思っています。3分台が出るのは厳しいと思っていたのですが、コーチも選手もチームとして攻めていこうとトライした結果だと思います。安定してこの結果をまずは出せるように、そして次の大会でも勝てるよにしたいと思います。

Text : Mizuki Ida
Photo : Shutaro Mochizuki

TAGS

Related Articles