深谷知広、捲りで1着・宮杯最終日ナショナルチーム結果まとめ/第71回高松宮記念杯競輪(GⅠ)・和歌山

深谷知広

2020年6月18日(木)から4日間にかけて開催された『第71回 高松宮記念杯競輪(GⅠ)』。脇本雄太の23年ぶり完全優勝で幕が下りた。

関連記事:脇本雄太が23年ぶり宮杯完全優勝/第71回高松宮記念杯競輪(GⅠ)・和歌山

今開催にはトラックナショナルAチーム所属選手(河端朋之深谷知広松井宏佑新田祐大脇本雄太)の5選手が出場。ここからは深谷、河端のレース結果を振り返る(松井は2日目の落車の影響で3日目以降出走せず)。

高松宮記念杯競輪とは

高松宮記念杯競輪』は、2010年までは滋賀県大津市の大津びわこ競輪場で開催されていた。滋賀県の競輪場選定地が近江神宮の外苑にあり、近江神宮に縁のある高松宮宣仁親王に賜杯の下賜を請願・承諾いただいたため、この名前がついたという。ファンや選手の間では親みを込めて「宮杯(みやはい)」と呼ばれている。

唯一の東西対抗戦

高松宮記念杯は「東西対抗」で争われる。3日目の準決勝までは東と西でそれぞれ勝ち上がり、最終日の決勝戦で勝ち上がった東西の選手がぶつかる。

参考:第70回高松宮記念杯競輪特設サイト

深谷知広、河端朋之

TAGS