競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

脇本雄太が23年ぶり宮杯完全優勝/第71回高松宮記念杯競輪(GⅠ)・和歌山

2020/06/21

脇本雄太

2020年6月18日(木)から4日間に渡り和歌山競輪場で開催された『第71回 高松宮記念杯競輪(GⅠ)』。

最終日6月21日のS級決勝で脇本雄太が1着で優勝を決め、4日間の開催中全てのレースで1着の完全優勝を果たした。

高松宮記念杯としては1997年の吉岡稔真以来、23年ぶりの完全優勝である。

決勝は東京オリンピックに出場が内定した脇本雄太と新田祐大、KEIRINグランプリ2019覇者である佐藤慎太郎、今年ビッグレースを幾度も制した松浦悠士など、GⅠ決勝の舞台にふさわしい豪華メンバーでの激闘となった。

第71回高松宮記念杯競輪(GⅠ) S級 決勝メンバー

1 1 佐藤慎太郎 福島
2 2 脇本雄太 福井
3 3 松浦悠士 広島
4 4 稲川翔 大阪
5 平原康多 埼玉
5 6 芦澤辰弘 茨城
7 新田祐大 福島
6 8 稲垣裕之 京都
9 和田健太郎 千葉

レースは脇本無双

新田-佐藤の福島ライン、松浦-和田、平原-芦澤の関東ライン、脇本-稲川-稲垣の近畿ラインの一列で静かに周回が進む。

残り1周半、脇本-稲-稲垣の近畿ラインが一気に先頭へ。それに呼応して平原-芦澤の関東ラインも動きを見せ、並びは先頭から脇本-稲川、平原、稲垣、新田-佐藤、芦澤、松浦-和田の状態に。

残り1周、最後尾となっていた松浦-和田が動くが、2番手へと上がるところで稲川の牽制に合い外に膨れる。残り半周を切り脇本が先頭。33コーナー付近では大外から新田-佐藤がスピードを上げてくる。

最終ストレート、粘る脇本に迫るのは松浦と和田。徐々に差が縮まってくるが、最後は脇本が1着でフィニッシュ。2着と3着にはラインを組んだ和田と松浦が入った。新田は位置を上げることが出来ず、最後は8着でフィニッシュラインを超えた。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 2 脇本雄太 11.3 逃げ HB
2 9 和田健太郎 1/2車身 11.1 差し
3 3 松浦悠士 1/2車輪 11.2
4 1 佐藤慎太郎 1/4車輪 10.9
5 4 稲川翔 1車身 11.3
6 5 平原康多 微差 11.2
7 6 芦澤辰弘 1/2車輪 10.8
8 7 新田祐大 1/2車身 11.1
9 8 稲垣裕之 4車身 11.6

インタビュー

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。