競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

トップスプリンターの証 スプリント種目 ~その奥深さ~

2020/07/29

Semi Finals / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, 深谷知広

2019-20シーズンのワールドカップで、深谷知広選手が銀メダル1個、銅メダル2個、そして新田祐大選手も銅メダル1個を獲得した『スプリント』種目。

Final / Men's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, 深谷知広 新田祐大

2019-20トラックワールドカップ第4戦(ニュージーランド・ケンブリッジ)

過去には中野浩一氏(現日本自転車連盟トラック委員会委員長)が1977~86年の世界選手権で10連覇を果たしており、かつて日本選手がトップとして君臨した種目。この種目で勝つことは“世界一のスプリンターとしての証明”と、2019年にこの種目で世界チャンピオンとなったマシュー・グレーツァーが発言している。

【世界のロックダウン・オーストラリア】「世界選手権の悔しさ、強敵の活躍がモチベーション」マシュー・グレーツァー

レースは予選の200mフライングタイムトライアルを経て、その後は1対1のシンプルな対戦方式。トラック3周を相手より速く走った選手が勝ちとなる。会場を大いに沸かせる短距離の花形種目だ。

Final / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP V, Brisbane, Australia, 深谷知広

見ている人にとっては単純明快だが、走っている人にとっては奥が深い。この記事では「スピードだけでは勝てない」スプリントの奥深さについてお伝えする。

駆け引き、回復力・・・スプリントに必要なもの

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。