意外に知らない?競輪「先頭誘導員」の仕事・資格・給料とは

先頭誘導員になるには?

先頭誘導員には専用の資格があり、定期的に更新する必要がある。先頭誘導員の資格基準は以下の2点。

(1)人格・技術共に優秀であること
(2)2000mの走行時間が、2分55秒以内

KEIRIN.jp「競輪Q&A」より)

先頭誘導員の資格を有している新田康仁選手(静岡/74期)は、この基準について自身のnoteで「競輪選手なら誰でも取得出来る」タイムとしている。

ただ、資格認定基準が変更されたという話も。気になるところではあるが、内部規定のため基準は公にされていない。

なお資格の取得・更新・抹消の情報は毎月発行の広報KEIRINにて確認可能だ。

先頭誘導員はどうやって決めているの?

先頭誘導選手は各競輪場がある地元選手の中から、あっせん日程等を勘案しJKA各地区本部が選定する(KEIRIN.jp「競輪Q&A」)。つまり、レースが行われる地元の選手が先頭誘導員を担当する。

2020年6月7日〜9日に四日市競輪場で開催された『四日市伊勢茶杯 スポニチ賞(FⅠナイター)』の決勝レースでは、四日市競輪場をホームバンクとする浅井康太選手(三重県/90期)が先頭誘導員を務めた。浅井選手は2020年5月1日付で先頭誘導員の資格を取得している(広報KEIRIN146号)。

競輪場で先頭誘導員の選手がどのように過ごしているかは、垣外中勝哉選手(大阪/68期)のnote「先頭誘導員の1日」が詳しく紹介している。

先頭誘導員の給料って?

TAGS