世界よ、これが南米だ。開催4日前なのにワールドカップ会場が工事中!?/2017-18トラックワールドカップ4戦

Peñalolén Velodrome

12/8(金)〜10日(日)にチリ・サンティアゴで開催のトラックワールドカップ4戦。日本選手団も3戦のカナダから会場のPeñalolén Velodromeへ昨日到着。そこには前代未聞の光景が広がっていた。

第3〜4戦でもメダルに期待大!日本代表チームが発表/2017-18トラックワールドカップ

なんとベロドロームのバンクが絶賛工事中。さらに場内は粉塵が舞い、最悪な環境な様子…。これにはブノワ・べトゥ監督も「埃の中でトレーニングをする選手たちの健康を考えているのだろうか?UCIに聞いてみたい…」と絶句。

フランスのフランソワ・ペルビス選手も「あと4日なんだけど…」と戸惑いを隠せない。

At only 4 days to the competitions… Impossible to train😱fingers crossed🤞🏼#trackcycling

François PERVISさん(@francoispervis)がシェアした投稿 –

長っ‼️ #掃除機 #verodrome

Tomohiro Fukayaさん(@tmhrfky)がシェアした投稿 –

果たしてバンクの準備は間に合うのか!?さすが、南米クオリティ。

More CADENCEは3戦に引き続き現地取材予定!サンティアゴまで片道約30時間をかけて行ってまいります!

TAGS

Related Articles