フォーゲルが今大会も三冠達成!前田8位、小林優香は落車も9位/2017-18トラックワールドカップ第3戦・女子ケイリン

女子ケイリン準決勝

女子ケイリンには日本から小林優香、前田佳代乃が出場。他にも注目はここまで今シーズン出場した種目の全てで優勝の女王フォーゲル(ドイツ)、ブラスペニンクス(オランダ)、マーシャン(イギリス)、ハンセン(ニュージーランド)など。

1回戦

まずは1回戦となるが、1回戦は3組に分かれ、各組上位2人が勝ち抜け。他は敗者復活戦へ回る。

小林優香はクリスティーナ・フォーゲルと同組

1組に早速登場する小林優香。小林のいる1組には絶対的な実力をもつフォーゲルが。

小林は残り1周半となり、後ろから2番目の位置から前段を伺うも、フォーゲルが小林に合わせるような形で前に出る。小林はそのフォーゲルの後輪にしっかりとくっつき、残り半周で更にスピードを上げて、危なげなく2着で1回戦を通過する。

女子ケイリン1回戦

小林優香

女子ケイリン1回戦

女子ケイリン1回戦

最強女王クリスティーナ・フォーゲル

女子ケイリン1回戦

女子ケイリン1回戦

小林優香選手のコメント

今まのレースでは、自分が慌てていたことが敗因だったので、慌てないように心がけました。

レース前にブノワコーチから「今どんな気分?」と聞かれ「自分ができることをやるだけだ」と答えたら「その通りだ」と言われて落ち着くことができました。

レースはフォーゲル選手が2着上がりを狙っているようだったので「残り1周からは自分から動かないと」と思っていました。

その辺りも落ち着いてできたと思います。この先も慌てず自分ができるレースができれば決勝にいけると思うので、落ち着いて走りたいです。

前田は敗者復活戦から準決勝へ

続く2組には前田が出場。1度は積極的に前に出て展開を作るも、最終的にブラスペニンクスとマーシャンに抜かれて3着。敗者復活戦へと回る。

その敗者復活戦では、前田は最後に追い上げをみせたものの、4着でフィニッシュ。しかし前田より先着していたDEBORAH Deborah(インド)が反則により降格となり、繰上げ処置で前田が2回戦(準決勝)へと駒を進めることになった。

女子ケイリン1回戦

準決勝で小林優香が落車

TAGS

Related Articles