女子、尾方真生が優勝「児玉碧衣が目標」/第117・118回日本競輪選手養成所 卒業記念レース

優勝尾方インタビュー「冷静に判断して動けた」

日本競輪選手養成所第117・118回卒業記念レース

Q:決勝戦はどのようなレース運びを考えていましたか?

捲りが得意なので、それを活かした走りができるよう考えていました。周回中の位置は5番手でしたが、中段くらいから行くのも作戦通りでした。

Q:ジャン(最終周回を告げる鐘)が過ぎて、ホームから動き出しましたが、そこは冷静に対処できましたか?

はい。いつもは焦ってしまうことが多かったのですが、今回は冷静に判断して動くことができたと思います。

Q:特に初戦の走りが良かったように感じました。

初戦は先行したいと思ってたんですが、仕掛けが遅くて捲りになってしまいました。でもしっかりカマせたので良かったと思います。

Q:コンディションはベストでしたか?

はい。

Q:所属が福岡となっているのは、どのような理由でしょうか?

ガールズがとても強い場所ですし、自分も藤田剣次さんの元につかせていただいて頑張りたいと思い、久留米を選びました。児玉碧衣選手が憧れで、目標の選手です。

Q:養成所生活を終えて、いかがでしょうか。

まだまだ脚力が、他の選手に比べたら劣っていると思っています。帰ったら久留米のガールズの選手たちともがいて、もっと鍛えていきたいです。目標は児玉選手のように、グランプリに出ること、そして優勝することです。

Q:デビューしてからはどのような走りをしていきたいと思いますか。

今年からルーキーシリーズが始まり、見ていただく機会があるので、お客さんに脚力のあるレースを見せたいです。

新人選手による『競輪ルーキーシリーズ2020(新人戦2020)』が5〜6月に全3戦開催

日本競輪選手養成所第117・118回卒業記念レース、ゴール直前で伸びた青柳靖起(佐賀)男子決勝を制す

ゴールデンキャップ史上最多獲得の町田太我を含む第117・118回生の計91人が日本競輪選手養成所を卒業

TAGS