女子、尾方真生が優勝「児玉碧衣が目標」/第117・118回日本競輪選手養成所 卒業記念レース

日本競輪選手養成所第117・118回卒業記念レース 尾方真生

3月23日、日本競輪選手養成所JKA400バンクにて、「第117・118回日本競輪選手養成所 卒業記念レース」が開催された。女子決勝を制したのは尾形真生(福岡)。

計21人の女子候補生が出走。予選競走を2回行い、その着位合計の若い順から上位7人が決勝競走へと駒を進めた。

また、男子と同様に新型コロナウイルス感染対策として無観客試合でレース行われた。

ハイレベルな女子レース

""日本競輪選手養成所第117・118回卒業記念レース/

ゴールデンキャップ獲得者の永塚祐子(神奈川)を筆頭に、女子200mフライングタイムトライアル養成所記録を持つ尾方真生(福岡)や女子500mタイムトライアル記録を持つ増田夕華(岐阜)、BMXレーシング元日本代表の永禮美瑠(愛知)など、錚々たるメンバーが決勝に揃った。

新記録樹立!日本競輪選手養成所/第117回生・第118回生第2回記録会

抜群の伸びを見せた尾方 決勝

TAGS

Related Articles