競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

日本オリンピック出場圏外へ、まさかの予選敗退/男子チームスプリント・2020世界選手権トラック・ドイツ

2020/02/27

Qualifying / Men's Team Sprint / 2020 Track Cycling World Championships, 雨谷一樹 Amagai Kazuki, 新田祐大 Nitta Yudai, 深谷知広 Fukaya Tomohiro

2月26日、ドイツ・ベルリンで開催した『世界選手権トラック2020』初日、男子チームスプリントが決勝まで行われた。オリンピック出場枠獲得の瀬戸際にいた日本は、今季W杯で2連覇を果たしており、メダル獲得を期待されるも、まさかの予選敗退となってしまった。

関連記事:1日に2度の世界記録更新、最強オランダ圧勝/男子チームスプリント 2020世界選手権トラック・ドイツ

一方、優勝したのはオランダ。1日に2度の世界記録更新を果たし、最強オレンジ軍団の圧倒的強さを改めて示す結果となった。

男子チームスプリント最終リザルト(PDF)

チームスプリントの勝ち上がり/ルール

予選→1回戦→決勝/3位決定戦という形でレースが進む。チームは3人1組(女子は2人1組)。1列棒状となって進み、1周ごとに先頭が隊列から離れていく。最終的に残った選手のフィニッシュタイムがチームのタイムとなる。

今大会の見所

大会開催前のオリンピックランキング(オリンピック出場枠に関わるランキング、男子チームスプリントの場合上位8位までが出場枠を得る)で日本は7位(6375ポイント)、ポーランドが8位(6285ポイント)、ロシアは9位(6135ポイント)と僅差で競り合っていた。

オリンピック出場を懸けて、日本は「上位8位以内をキープすることが出来るのかどうか」が第1の見所。第2の見所は日本メダル獲得の有無。最後は他チームの世界記録の更新があるのかどうかとなった。

予選

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。