「苦しめ、そして信じ続ける」ブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチが語る今シーズンと今後の展望

Qualifying / Women's Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, ブノワ・ベトゥ

「疲れた(笑)めっちゃ疲れた(笑)」

オーストラリアのブリスベンで行われたワールドカップ第5戦の後、日本語で応じたブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチ。
トラックワールドカップの3週間に及ぶ連戦、日本ナショナルチームに史上最高ともいえる結果をもたらした名将も流石に疲れきっていた。

現在(1月10日時点)で日本代表短距離のナショナルチームのレギュラーメンバーはニューカレドニアにてとても厳しいトレーニングに励んでいる。

その合宿を迎える前、オーストラリアで2019年の締めくくりとしてブノワヘッドコーチに今の心境、そしてワールドカップについて尋ねた。

男子チームスプリントでオリンピック出場の光明

TAGS