新宿駅から電車と徒歩で約40分と、都心からのアクセスが良好なことで有名な立川競輪場。KEIRINグランプリ2019の開催地であり、過去にもグランプリが何度も開催されていることから、多くの競輪ファンに知られているバンクなのではないだろうか。

More CADENCEではそんな立川競輪場について、アクセス、場内施設の利用方法、更には見どころまでを徹底的に取り上げていく。全3記事でお送りする予定なので、KEIRINグランプリを見にいく助けにしてもらえればと願うが、、、。

第1弾は立川競輪場までのアクセス方法について徹底的にご案内。立川競輪場へのアクセス方法は主に下記の3通り。

・駅から徒歩で向かう場合
・駅からバスを利用する場合(2ページ目にてご紹介)
・車/バイク/自転車を利用する場合(3ページ目にてご紹介)

どうやって行けばいい?電車と徒歩の場合

まずは最もスタンダードだと思われる、JR立川駅から徒歩で立川競輪場へと向かうルートについて。

駅から競輪場までは約1km。徒歩の場合は15分ほどかかる。地図上の番号は下記に記載の写真に振られた番号と連動しているので、実際の景色を見ながら経路をご確認して頂きたい。

①立川駅前歩道橋

JR立川駅の西改札または東改札から出て、北口を目指す。LUMINEが目印となる。

立川駅構内図(画像元:JR東日本、加工:More CADENCE)

立川駅北側のロータリーの上に広がる歩道橋へと出るので、この通路を真っすぐ直進。その後、右奥のエスカレーターで地上へと降りていく。

立川競輪場

JR立川駅北口 歩道橋

②ビックカメラ前

地上に降りるとビックカメラが目に入る。この前をまっすぐ進んで行き、「曙橋」という大きな交差点を目指す。

立川競輪場

ビックカメラ前

③『曙橋』交差点(右折)

直進を続けると「曙橋」交差点にぶつかる。立川競輪場へはこれを右折。

立川競輪場

『曙橋』交差点

このローソンとガストが入ったビルが目印だ。ちなみにこのローソンが立川競輪場へ向かうルート上では最後のコンビニとなる。

立川競輪場

『曙橋』交差点

④ドン・キホーテ前

その後はドン・キホーテや松屋の前を通過しながらまっすぐ進んで行く。前述のコンビニかこのドン・キホーテで飲み物やカイロなどを購入したい場合は寄っておこう。

ドン・キホーテ前

⑤『東橋』交差点(直進)

ドン・キホーテの前を通過してしばらく進むと「東橋」の交差点とぶつかるがここは直進。この先から少し歩道が狭くなる。

立川競輪場

『東橋』交差点

⑥『競輪場入口』交差点(左折)

東橋交差点を直進し、さらに150mほど歩くと「競輪場入口」という交差点が見えてくる。ここを左折だ。

『競輪場入口』交差点

⑦競輪場前の一本道

その後はこの細い道をひたすら真っすぐ進んで行く。狭い道だが、車の往来は結構あるので注意しよう。

競輪場前の一本道

⑧立川競輪場正門

「競輪場入口」の交差点から350mほど進むと立川競輪場の正門へと突きあたる。

正門からの入場方法については、後日掲載予定の『立川競輪場徹底案内 Vol.2』をご参照頂きたい。

駅からバスに乗る場合