松井宏佑が銅メダル獲得、男子ケイリン詳報/2019-2020トラックワールドカップ第1戦ベラルーシ

Final / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

東欧ベラルーシ・ミンスクで開催の『2019-2020トラックワールドカップ第1戦』で、11月2日に男子ケイリン決勝が行われ、ワールドカップデビュー戦の松井宏佑が3位に入り銅メダルを獲得。世界チャンピオンのマティエス・ブフリ、ヨーロッパチャンピオンのハリー・ラブレイセンら世界のトップ選手が顔を揃えた決勝戦で、強気な走りをみせ、3位に食い込んだ。

初戦、期待の若手2人で臨む日本

オリンピック前最後のワールドカップシーズン。その開幕戦の重要な戦いに選抜されたのはこれまでのレギュラーメンバーではなく松井宏佑、小原佑太という2人の期待の若手メンバーだ。

松井宏佑, TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

松井宏佑

小原裕太, TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

小原裕太

2人には東京五輪の次、パリ五輪を見据えた戦いに期待が寄せられているが、それでも松井は「東京も可能性がゼロではない」として、この舞台で結果を残してアピールしたいと戦いに挑む。

1回戦

勝ち上がりは1回戦→2回戦→決勝戦。1回戦で敗退した場合、敗者復活戦にまわり2回戦進出を狙うことになる。1回戦は2着までが2回戦進出。それ以外は敗者復活戦に回る。

松井宏佑

まず先陣を切ったのは松井。メンバーは松井を入れて7人。対戦相手の中には、今年の世界選手権銅メダリストのシュテファン・ボティシャー、2017年のスプリント世界王者のデニス・ドミトリエフといった強豪が名を連ねた。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

スタート後、松井は4番手の位置で周回を重ねていくが、残り3周のペーサー離脱前に最後尾からポーランドのマクセルが前方へ出る。それに続き、松井より後ろにいたメンバーも前方に出た事で、松井が最後尾となる。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

すかさず松井も前方へ出ようとするが、ペースの上がった隊列を外から追い越すことに躊躇し後方の位置から抜け出せない。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

残り1周を切り、松井が踏み出すタイミングを見計らっていた最終バックストレートで前にいた選手が落者。間一髪、落車に巻き込まれることは免れたものの、その間に前方にいたドミトリエフとボティシャーが抜け出してフィニッシュ。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

結果、1着のドミトリエフとボティシャーが2回戦進出を決め、松井は4着で敗者復活戦に回ることになった。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

小原裕太

続いて小原の1回戦。メンバーは、フランスのセバスチャン・ビジエ、イギリスのジョセフ・トルーマン、マレーシアのシャローム等、全6人。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

小原は隊列2番目の位置で周回。残り3周でペーサーが退避してからは、後続の動きを見ながら次の動きに備えていく。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

そして残り2周手前で前のケレメン(チェコ)を交わし先頭に出る。小原はそのまま主導権を握るかと思われたが、そこから徐々に後続を見ながら後退していく。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

その後、5番手まで下がった小原は残り2周のバックストレートで斜度の無い内側のブルーバンド部分でハンドルを取られて落車。その時点でレースが終わってしまった。

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

1st Round / Men's Keirin / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP I, Minsk, Beralus

レース後、小原は「思った以上に脚に余裕があり、前に出るか後ろに引いてから立て直すかを迷い、結果後ろに引いてから考えようとしたんですけど・・・逆に考えすぎてしまい、結果的にああいう形になってすごく悔しいですね」と振り返った。

調子の良さを感じつつも、一瞬の迷いが命取りとなり落車を招く形となった。それでも大事には至らなかった小原は敗者復活戦に望みをかけていく。

敗者復活戦

TAGS

Related Articles