競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

THE完全優勝、梶原悠未が全種目1位の圧倒的な勝利/2019全日本オムニアム・女子エリート

2019/09/22

梶原悠未, ポイントレース / 女子エリート / 2019全日本オムニアム

2019年9月22日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 オムニアム(2019全日本オムニアム)』。女子オムニアムで筑波大学の梶原悠未が、2018年に続き4種目全て1位の完封勝利を成し遂げた。10月に行なわれるアジア選手権4連覇へも期待がかかる。

1種目目:スクラッチ

出場選手は梶原悠未、中村妃智鈴木奈央古山稀絵太郎田水桜中村愛花上野みなみ、中冨尚子の8人。

トラック30周、計7.5kmで争われるスクラッチレースは、単純に1番速く7.5kmを走れば勝ちとなる。2019全日本トラックで4冠・出場全種目で日本タイトル獲得の梶原悠未(筑波大学)にスタート前から注目が集まる。

レースは終盤まで目立った展開もなく、淡々と周回を重ねる。ラスト2周で先頭 古山稀絵(日本体育大学)が逃げる姿勢を見せ、レースに動きが生まれかける。

しかし梶原はすかさず捲りにかかり、さらに後方から鈴木奈央(JPCA)、中村妃智もこの動きに乗り先頭へ出ようとする。古山が後ろに下がり、梶原、中村、鈴木の3人が先頭となった状態で最終周回へ突入。

梶原が他を寄せ付けないスピードで1着。2着争いは鈴木、中村となるが、残り3/4周時点でイン側を走行していた中村が鈴木を抜き、そのまま梶原に続いてフィニッシュまで走り2着。梶原、中村、鈴木の着順でスクラッチは終了。

1位 梶原悠未 筑波大学 40ポイント
2位 中村妃智 日本写真判定 38ポイント
3位 鈴木奈央 JPCA 36ポイント

スクラッチ リザルト

2種目目 テンポレース

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。