橋本英也、世界王者ら相手にガチンコバトルを制す/2019ジャパントラックカップII・ 男子オムニアム

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

8月25日、静岡県『JKA250』で開催された2019ジャパントラックカップⅡ最終日に実施された男子オムニアム。

4種目の混成競技オムニアム。男子に出場したのは計23人。この種目の現世界チャンピオンのキャンベル・スチュワート(ニュージーランド)に加えベルギー、香港、韓国などから強豪も出場した。

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

日本からは窪木一茂橋本英也今村駿介近谷涼一丸尚伍小林泰正新村穣の7人が参戦。この種目、勝利を手にしたのは現アジアチャンピオンの橋本英也となった。

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

1種目目:スクラッチ

トラック40周、計10kmで争われるスクラッチ。単純に一番速く10kmを走れば勝ちとなる。

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

レースは窪木、橋本、今村の日本人トリオが1周追い抜きを成功させ、大きなアドバンテージを得る。最終周回では最後に飛び出した窪木が橋本、今村に先着してこの種目の1位となった。2位は橋本、3位は今村。

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

男子オムニアム / 2019ジャパントラックカップⅠ

2種目目:テンポレース

TAGS